クラウドサービスからDB/DWHへのデータ連携・同期ツールCData Sync がkintone、Dynamics 365、G Suite など新データソースに対応

~対応データソースが100超に~

2月7日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、クラウド/SaaS データのDB へのレプリケーション(同期)ツールCData Sync 2019版を発表しました。
CData Sync は、Salesforce、Marketo などのクラウド/SaaS データをノンコーディングでDB に反復同期できる強力なツールです。2019版では、対応データソースを5倍の100超に拡大。Cybozu kintone、Office 365 など多様なクラウドデータをDB にコピーして利用することができるようになりました。

<CData Sync の追加機能概要>
● 従来比5倍を超える100超の対応データソース
Salesforce、Marketo、SharePoint などに加え、kintone、GoogleAnalytics、Office 365、JSON/XML ファイル、各種RDB など多様なデータソースに対応。
対応データソースリスト:https://www.cdata.com/jp/sync/connections/

● 豊富なレプリケーション先DB
同期先には、各種RDB に加え、Azure SQL Database、Amazon Redshift、Google BigQuery、MongoDB、Snowflake、Amazon S3 などのクラウドデータストアを追加。


<利用シーン>
  • オンプレミスのRDB にレプリケーションを作成して、定期的な帳票作成や分析を実行。
  • クラウドでのデータ分析や機械学習向けのDWH へのデータローディングに。
  • クラウドデータをオンプレミスDB に複製してオンプレミス基幹システムから利用。
  • ディザスタリカバリ目的でのデータアーカイブ。

CData Sync の概要・操作方法の解説ビデオはこちら:


<製品URL>
CData Sync 2019 は、Windows (.NET Edition) 版とCross-Platform (Java Edition) 版の2種類で提供。30日の無償評価版あり。
URL: https://www.cdata.com/jp/sync/

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
TEL: 050-5578-7390  |  E-mail: press@cdata.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. CData >
  3. クラウドサービスからDB/DWHへのデータ連携・同期ツールCData Sync がkintone、Dynamics 365、G Suite など新データソースに対応