総合ネットセキュリティ企業イー・ガーディアン 2017年9月、フィリピン法人設立が決定

~ゲームサポート、サイバーセキュリティ事業のグローバル展開を加速~

イー・ガーディアン株式会社(http://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)は、本格的なグローバル展開の第一歩として、2017年9月にフィリピンに現地法人(子会社)を設立することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

 イー・ガーディアンは、2016年4月にベネッセグループの株式会社TMJと戦略的パートナーシップを締結し、フィリピンに多言語運用センターを構え、カスタマーサポートサービスの提供をしております。きめ細やかかつ、チャットやメールなどを主流としたスピーディな対応が、“ユーザーの退会率減少”など明確な数値として表れており、海外の事業者と比較してもカスタマーサポートとして質が高いと支持をいただいております。開設当初より急拡大をとげ、売上は大幅に増えております。

 こうした多言語カスタマーサポートへのニーズの高まりを受け、この度、BPO産業が国の最大セクターであるフィリピンに、子会社を設立し、海外へ進出する日系企業や日本へサービスを提供する外資系企業向けに投稿監視などのネットパトロールや広告BPO、ゲームユーザーサポートなどの多言語カスタマーサポートサービスを提供する運びとなりました。また、将来的にはWebセキュリティ診断サービスやビットコイン取引所に関連するサービスのグローバル展開拠点としても重要な役割を担っていく予定です。

 更に、現在、TPPなど貿易の自由化や規制緩和が進み、東南アジア各国の経済が順調に成長し、スマートフォンユーザーが急増していることから、フィリピンの現地法人を対象としたサービスの提供も視野に入れております。

 今後も、イー・ガーディアンは、ミッションである「Build Happy Internet Life」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

■設立する子会社の概要

 

(1)名称 E-Guardian Philippines Inc.
(2)所在地 フィリピン共和国 マニラ首都圏 マカティ市
(3)代表者 寺田 剛
(4)事業内容 投稿監視、カスタマーサポート、広告審査代行サービス事業
(5)資本金 30百万ペソ(約70百万円)(予定)
(6)設立年月 2017年9月(予定)
(7)操業開始 2017年10月(予定)
(8)出資比率 当社 100%



■イー・ガーディアン株式会社について http://www.e-guardian.co.jp/
 1998年設立。2016年に東証一部上場。投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績700社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そして子会社化したHASHコンサルティング株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能。センターはグループで5都市9拠点を保有しており、業界でも最大級の体制を有する。


【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
代表者      :代表取締役社長 高谷 康久
所在地      :東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F          
設立        :1998年5月
資本金      :35,893万円(2016年9月末日現在)
業務内容    :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL         :http://www.e-guardian.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
イー・ガーディアン株式会社  担当 : 堀之内
TEL:03-5575-2561   FAX:03-5575-0621
E-mail:info@e-guardian.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・ガーディアン株式会社 >
  3. 総合ネットセキュリティ企業イー・ガーディアン 2017年9月、フィリピン法人設立が決定