【受検者数5万人突破】人材発掘・育成をAIで支援する「デザイン思考テスト」導入が加速

VISITS Technologies株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:松本勝 以下、VISITS)の提供する「デザイン思考テスト」の延べ受検者数は、2021年1月、5万人を突破しました。(前年比5倍)
デジタル化が進み変化の激しい現代社会において、創造力の高い人材が一層求められる中、採用や人材配置にも今までとは異なる評価基準を求める傾向が加速しています。創造力とは、本質的な課題を自ら設定し、解決策を考え出す力であり、新規事業や商品企画に限らず、あらゆるビジネスの現場でニーズが高まっています。「デザイン思考テスト」は、共感を起点に自ら課題を設定し、解決策を記入する「決まった解答が存在しないテスト」であり、独自のアルゴリズムで創造力の定量評価を可能にした世界初のオンラインアセスメントツールです。(特許「CI技術」搭載)

■オンラインアセスメントツール「デザイン思考テスト」について
「デザイン思考テスト」では特許アルゴリズムを用い、これまでのアセスメントツールでは定量的に可視化できなかった「本質的な課題を発見し、解決策を考え出すことができる」力、すなわち創造力を数値化することが可能です。これにより、今後のビジネスパーソンに必須の能力を持った人材を効率的に発掘することができます。既に大手総合商社やコンサル、大手電機メーカー等、150社以上で、採用や人材育成領域を中心に同技術の使用実績があります。


【概略】
2019年3月 「デザイン思考テスト」公式リリース
2020年1月   受検者数1万人突破
2020年10月「デザイン思考フェス2020」実施
2021年1月   受検者数5万人突破

※デザイン思考フェス2020  参加企業  ※順不同・敬称略
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000019054.html
トヨタ自動車株式会社、パナソニック株式会社、ボストン コンサルティング グループ、経済産業省、住友商事株式会社、東急不動産株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社小学館、三井不動産株式会社、株式会社日立製作所、伊藤忠商事株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、富士通株式会社、独立行政法人国際協力機構(JICA)、三井化学株式会社、アサヒビール株式会社、日本たばこ産業株式会社(JT)、味の素株式会社、日産自動車株式会社(他多数、合計34社)
 

■今後の展開
「採用」「幹部候補・DX人材の発掘及び育成」「タレントマネジメント」といった様々な領域における展開の加速、付加価値向上に向けた開発・改善を通じ、人材の創造力がより客観的に評価され、企業のイノベーション・デジタル化の加速を支援出来ますよう、日々邁進していく所存です。なお、米国での特許も取得済みであり、今後海外に向けた展開も予定しています。

デザイン思考テスト 導入企業 事例一覧:https://design-thinking-test.com/cases/1
デザイン思考テスト 公式サイト:      https://design-thinking-test.com/

【企業概要】
設立   :2014年6月 
所在地 :東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング2F 
事業内容 :「創造性を科学し、世界中の誰もが社会価値創造に貢献できるエコシステムを構築する」をミッションとし、合意形成アルゴリズム「コンセンサスインテリジェンス技術」を活用した様々なプロダクトの企画・開発・運営

デザイン思考テストに関するお問い合わせ先
VISITS Technologies株式会社 広報担当 info@vis-its.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VISITS >
  3. 【受検者数5万人突破】人材発掘・育成をAIで支援する「デザイン思考テスト」導入が加速