第12回 中村キース・ヘリング美術館 国際児童絵画コンクール授賞式のお知らせ

中村キース・ヘリング美術館

 

 

この度、中村キース・ヘリング美術館では12回目となる絵画コンクールの授賞式を開催いたします。

未来を担う子どもたちに隔たりの無い自由な発想で絵を描いて欲しいという願いのもと、平成21年より開催され、毎年世界各国から1000点以上の応募がある国際的なコンクールとなっております。また、世界で唯一キース・ヘリング財団が認定しているコンクールとして、日本をはじめ、各国、各界より審査員を招き、子どもたちの様々な個性や感性に向き合い、バラエティ豊かな賞を設置しています。

 

本年のテーマは「つながり」です。

 

今年度は、シミックホールディングス株式会社との共同開催で「This is MECENAT 2020」の認定を受けて実施いたします。本コンクールは、世界を舞台に活躍される審査員による多彩な賞も特徴のひとつです。映画『プラダを着た悪魔』のスタイリストとして知られるパトリシア・フィールド氏、当館やJR小淵沢駅の設計を手掛けた北川原温建築都市研究所など例年の豪華な審査員に加え、今年は清春芸術村の理事長を務める吉井仁実氏、日本国内で積極的に個展を開催しているジャズ・トランペッターの日野皓正氏を審査員に迎え作品をご選考いただきました。昨年に続き、審査と授賞式進行にミス・グランド・ジャパン運営局からもご協力いただきます。

例年、参加者が100名規模となる本コンクールの授賞式ですが、今年は出席が難しい受賞者も多いことから、世界中の受賞者のオンラインでの参加も予定しております。

 


審査員
キース・ヘリング財団 ニューヨーク
北川原温建築都市研究所 東京
シミックホールディングス株式会社 東京
長崎 幸太郎(山梨県知事) 山梨
中村 和男(中村キース・ヘリング美術館館長) 山梨
パトリシア・フィールド(コスチュームデザイナー/スタイリスト) ニューヨーク
日野 皓正(ジャズ・トランペッター) フロリダ
梁瀬 薫(中村キース・ヘリング美術館顧問/美術評論家) ニューヨーク
吉井 絵梨子(ミス・グランド・ジャパン運営代表) 東京
吉井 仁実(清春芸術村吉井財団 理事長) 山梨

 

◆主催 中村キース・ヘリング美術館

◆共催 シミックホールディングス株式会社

◆特別協力 キース・ヘリング財団、ミス・グランド・ジャパン、有限会社レインボーワークス

◆後援 文化庁、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会 

 

第12回中村キース・ヘリング美術館国際児童絵画コンクール授賞式

日時:2020年10月31日(土)
会場:中村キース・ヘリング美術館

〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
11:00 - 12:00 ①授賞式
12:30 - 13:30 ②懇親会/ランチ
13:45 - 14:45 ③ワークショップ

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中村キース・ヘリング美術館 >
  3. 第12回 中村キース・ヘリング美術館 国際児童絵画コンクール授賞式のお知らせ