養命酒製造と人気紅茶専門店が共同開発した新商品「桃の紅茶酒」が飲める

第6回 全国梅酒まつりin水戸 2018年3月2日(金)~3月4日(日)

養命酒製造株式会社(本店:東京都渋谷区 代表取締役社長 塩澤太朗)は、第6回 全国梅酒まつり in 水戸に出展して、ハーブのお酒の試飲を行います。今回、試飲を予定しているのは、人気の紅茶専門店カレルチャペック紅茶店(本店:東京吉祥寺)と共同開発した新商品「桃の紅茶酒」と、同社独自の特許製法(特許 第4372187号)で3つの人参と12種類のハーブをブレンドした「高麗人参酒」の2種類です。

 

水戸市と養命酒製造株式会社とは、2016年7月に「薬草を活用した官民協働事業に関する協定」を締結しており、2017年4月にオープンした「水戸 養命酒薬用ハーブ園(水戸市植物公園内)」を核として、同市内調理専門学校でのハーブ料理の教育カリキュラムの実施、薬用ハーブ書籍の制作、薬膳メニューの開発・提供、薬草に関するイベントの実施など、「見る・触れる・食べる」といった体験を通して薬草やハーブを身近に感じられる活動を進めてきました。
会場では、華やかな梅の香りを楽しみ、養命酒製造のハーブのお酒で、心と体をホッとときほぐしてください。

 


【第6回 全国梅酒まつりin水戸】
■開催期間:2018年3月2日(金)~3月4日(日)
■開催場所:偕楽園隣接「常磐神社(http://komonsan.jp/)」境内 茨城県水戸市常磐町1-3-1
■開催時間:3月2日(金)10:00~16:00
3月3日(土)10:00~16:00
3月4日(日)10:00~15:00
■webサイト:http://umeshu-matsuri.jp/mito/
※日本全国150種類以上の「梅酒」飲み比べ(時間制限:約30分間)にはチケットが必要です。
(当日券:800円、前売券:700円)


【試飲予定の養命酒製造のハーブのお酒】

★桃の紅茶酒
 人気紅茶専門店と共同開発。渋みが少なく、コク深いルフナ茶、甘く香る白桃、7種の癒されハーブを合わせた、華やかな味わいの紅茶酒です。
 

原材料名:
白桃果汁、紅茶エキス末、チンピ、ローズヒップ、リンデンフラワー、レモンバーム、カンキョウニン、フェンネル、クローブ、醸造アルコール、食塩、イソマルトオリゴ糖シラップ、ショ糖、香料、カラメル、酸味料

アルコール分:15%(リキュール)
容量:300ml
希望小売価格:700円(税別)


★高麗人参酒
3つの人参で明日の元気をサポート。12種類のハーブをブレンド。当社独自の特許製法で高麗人参のクセを抑え、スパイシーな味わいのお酒です。


原材料名:
リンゴ果汁、ナツメ、クコの実、チンピ、ガラナ、リュウガン、ナルコユリ、ブラックペッパー、カルダモン、乾燥高麗人参、カンカニクジュヨウ、甜杏仁、マカ、蒸し高麗人参、エゾウコギ、霊芝、醸造アルコール、黒糖蜜、ブドウ糖、カラメル

アルコール分:15%(リキュール)
容量:700ml
希望小売価格:1,330円(税別)

※試飲はご用意した数がなくなり次第終了いたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 養命酒製造株式会社 >
  3. 養命酒製造と人気紅茶専門店が共同開発した新商品「桃の紅茶酒」が飲める