日本初!(業界初)次世代新電力ダイレクトパワーが『テレワーク応援プラン』申込受付を開始しました

テレワークで働く人を応援!! 平日 9:00~18:00 の電気代が無料に!

新型コロナウイルスの影響で、テレワークをする人が増える中、日中の電気代を気にせず働いていただくために、平日9:00~18:00の電気代を1ヵ月無料で提供する「テレワーク応援プラン」の申込を開始いたしました。
株式会社メディオテック(本社:新宿区/代表取締役 松本 秀守)のグループ会社で、最先端のIT技術を駆使した電力サービス提供を目指す次世代新電力の株式会社ダイレクトパワー(本社:東京都新宿区/代表取締役 松井 聖吾)は、2020年3月27日より、テレワークで働く人を応援する『テレワーク応援プラン』の募集申込を開始いたしました。
 

新型コロナウイルスの影響によりテレワークで働く人が増えるなか、日中の電気代を気にせず働いていただくために、平日9:00~18:00の電気代を1ヵ月無料にて提供する『テレワーク応援プラン』の募集申込を開始いたします。
テレワークに伴う電気代の増加は、個人の出費増に繋がります。株式会社ダイレクトパワーは「新型コロナウイルスの影響によって、テレワークで働く方々のお役にたちたい」「こんな情勢でも電気代を気にせず、テレワークで働いて、日本を活性化していただきたい」という応援の気持ちを込めて、『テレワーク応援プラン』をリリースいたしました。
 

 

■『テレワーク応援プラン』 概要
供給開始から最初の1ヵ月間、平日(祝祭日除)9:00~18:00の電気代が無料。
※ その他の時間は市場連動型プランの「ダイレクトS」を適用
※ 5月末までにお申込をされた方(決済登録まで済ませた方)


■『テレワーク応援プラン』申込期間
2020年3月27日から5月31日まで
※10,000名に達した時点で終了とさせていただきます

■「テレワーク応援プラン」申込対象者
契約アンペアが60アンペア(又は6kVA)までのお客様

▶ダイレクトパワー 「テレワーク応援プラン」申込ページ
https://direct-power.jp/low-v/telework


◆ 「ダイレクトS」プランも業界トップクラスの低価格
例えば東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bをご利用で、契約電力が40アンペア、月間平均で250kWhを使用するご家庭の場合、「ダイレクトS」に切り替えることで年間で約8,055円の節約が期待されます。

◆ お申込み方法
現在ご利用中の電力会社からの検針票か明細書、クレジットカードをお手元にご準備いただき、以下のページよりお申込みください。
※ お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

▶ダイレクトパワー 「テレワーク応援プラン」申込ページ
https://direct-power.jp/low-v/telework

【会社概要】

・商 号:株式会社ダイレクトパワー
・代表者:代表取締役 松井 聖吾
・所在地:東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル8階
・設 立:2018年9月
・資本金:1億6000万円
・事業内容:電気事業
・U R L:https://direct-power.jp

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディオテック >
  3. 日本初!(業界初)次世代新電力ダイレクトパワーが『テレワーク応援プラン』申込受付を開始しました