「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」が福島空港に巡回

東京・福島の展示で使用した木材はベンチとして浪江町の小・中学校に寄贈します

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデン(株式会社リクルートホールディングス運営/銀座)は、チャリティープロジェクト「CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる『大堀相馬焼167のちいさな豆皿』」*1の巡回展として、福島空港で2月に開催する「大堀相馬焼 春の新作展2019」*2に出展します。クリエイターと大堀相馬焼の窯元による取り組みを福島でご紹介します。

 

「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」は、福島県浪江町の伝統工芸品である大堀相馬焼の3つの窯元と協力し、167人のクリエイターがデザインした豆皿を展示・販売する企画です。売り上げから制作費を除く販売収益金は、セーブ・ザ・チルドレンに寄付します。2018年11月27日(火)から12月22日(土)には、リクルートの2つのギャラリーにて展示・販売を行いました。本企画に参加した3つの窯元は、今回「大堀相馬焼 春の新作展2019」の新作展示にも出展しています。

 

 会場構成はギャラリーでの展示に引き続き、建築ユニットのNO ARCHITECTSが担当し、ギャラリーで使用した福島県いわき市のブランド木材「とってお木」を再活用して展示を行います。「大堀相馬焼 春の新作展2019」での展示を終えた木材を使用してベンチを製作し、2018年7月にデザインワークショップを行った*3、浪江町立なみえ創成小学校・中学校に寄付します。

<クリエイションギャラリーG8展示風景>

<ガーディアン・ガーデン展示風景>

*1 CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」
内容:大堀相馬焼の3つの窯元と167人のクリエイターによる豆皿の展示販売
製作:大堀相馬焼窯元 いかりや商店、京月窯、松永窯
製作協力:ガッチ株式会社( http://gatch.biz
協力:協同組合いわき材加工センター、株式会社斎藤桐材店、福島県木材協同組合連合会
宣伝美術:川上恵莉子
会場構成:NO ARCHITECTS
会場音楽:蓮沼執太
開催期間:2018年11月27日(火)-12月22日(土)
特設サイト: http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2018/

*2 「大堀相馬焼 春の新作展2019」
内容:6つの窯元と地域おこし協力隊による新作展
開催日時:2019年2月22日(金)-2月24日(日)10:00-17:00 ※最終日は16:00まで
開催場所:福島空港 国内線ビル3F/2F「特設会場」
参考URL: https://www.fks-ab.co.jp/guide/event_detail.php?event=361

*3 浪江町立なみえ創成小学校・中学校でのデザインワークショップ
内容:デザイナーの中村至男さんと講師としてお招きし豆皿デザインを行うワークショップを実施
参加校:*は別日程で別途ワークショップを実施
浪江町立なみえ創成小学校・中学校、浪江町立浪江小学校*、浪江町立津島小学校*、富岡町立富岡第一
小学校、富岡町立富岡第二小学校、葛尾村立葛尾小学校*
開催日:2018年7月12日(木)
詳細: http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/news/2018/10/02/5758/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルートホールディングス >
  3. 「大堀相馬焼167のちいさな豆皿」が福島空港に巡回