「3Dライブ配信を、私1人で。」3Dにじさんじアプリ、にじさんじバーチャルライバーに配布開始!

3Dライブ配信をもっと、もっと身近に。「魔法のような新体験」で日常をアップデートする新規アプリケーション「にじ3D(にじさんでぃー)」を発表!

いちから株式会社(代表取締役:田角陸)は、3Dライブ配信をより身近に、より簡単に出来るためのアプリーケーション「3Dにじさんじ」(愛称: にじ3D、読み: にじさんでぃー)を開発し、いちから運営のバーチャルライバー(バーチャルYouTuber)「にじさんじプロジェクト」所属のライバーへ配布開始致しました。


【3Dライブ配信をもっと簡単に!】
「3Dにじさんじ」(愛称: にじ3D、読み: にじさんでぃー)は、3Dライブ配信をより身近に、より簡単に出来るためのアプリーケーションとして開発してまいりました。

通常の3Dモデルを使用した生配信には、大きな機材や物理的な空間(スタジオ等)が必須であり、またスタッフなどが必要なため配信実施自体が大掛かりでした。この度の「3Dにじさんじ」では、iPhoneX内の「Face Tracking with ARKit」(にじさんじアプリで使用している顔認識)とOculus Riftのコントローラ「Oculus Touch」を使用することにより、リアルな3D表現による配信が1人でも簡単に行えるようになりました。

今後、にじさんじ所属ライバーによる配信にてお披露目を順次実施していく予定です。


【開発コンセプト】
いちからの「3Dにじさんじ」開発プロジェクト「sanji_app」では、以下のコンセプトによる開発を実施致しました。

・1人でも3Dライブ配信が出来る。
・自宅からでも3Dライブ配信が出来る(スタジオ使用が必須ではない)。
・自然な3Dモデルの動きを実装。
・今後のアップデートが容易なシステムの構築(新たなライバーへの実装/アプリ本体のアップデート)。


【開発内容】
上記コンセプトに従い、以下のような仕組みで構築しています。


<主な特徴>
■ ①:配信環境の簡易化
「3Dにじさんじ」では、顔認識をにじさんじライバーに既に配布しているiPhoneXにある「Face Tracking with ARKit」にて行い、それを配信PC内の「3Dにじさんじ」アプリに送りモデリングに反映させるため、一般的な3D配信に使用するヘッドマウントディスプレイを付けずにライブ配信が出来ます。
そのため、現在の2D配信のような視聴者とのやり取り・企画実施等も、今までの3D配信に比べ行いやすくなります。

また、手の動きのモーションは、Oculus Rift内のコントローラ「Oculus Touch」と2台のセンサにて行うため、無線&簡易的なシステムで手・腕・指の動きを実現出来ます。センサに関しても机における小さなものなので、場所を広く取ることなく配信環境の構築が行えます。


■ ②:長時間生配信特有の問題を最小限に
にじさんじプロジェクトでは生配信&長時間配信を中心としたものが多いため、開発時にも長時間の生配信特有の問題が最小限になるよう設計しています。

例えば、機材選定段階では他社のヘッドマウントディスプレイを用いた設計を当初の選択肢としてあげていましたが、1時間、2時間と長く配信するには不向きなため、それを使わない形を模索し実現致しました。また、ネットワーク遅延による配信への影響を無くしています(「ARKit→3Dにじさんじアプリへの転送とモデリング」は、「OBS→YouTubeへのアップロード遅延」に比べて十分小さい)。


■ ③:今後のアップデート実施を容易にする取り組み
今回のシステムを構築する上で、今後の拡張(アップデート)のしやすさを項目の一つとして挙げています。開発側のアプリアップデートだけではなく、ライバー側のアプリアップデートの容易性も確保しています。また、新規にライバーのモデルを追加する際や、既存ライバーのモデルの修正・追加をなるべく容易にする、などを意識しながら設計しています。

具体的には、通常難易度の高いと思われる3Dモデルへの追加実装(季節物の小物を取り付けるなど)が少ない工数で実装できます。また、今後新たなライバーの3Dモデルのデザインが完成したとき、「3Dにじさんじ」アプリへの実装は(元の3Dモデルの完成度が一定以上あれば)数日程度で行えます。


【担当開発者 コメント】
元々私自身が3D周りの開発に関心が強く、過去の開発からそれに関わる部分を模索してきました。特に、にじさんじの特徴の1つでもある表情の豊かさを出来る限り維持したまま、3D配信が出来るような環境を作りたいと思っていました。
配信のしやすさを鑑みて、ライバーさんの基本的な配信スタイルを大きく変更しないことにより、配信をする負担が少なくなるようにしています。また、もっとライバーさんとファンの皆さんとの距離を近付けられるような機能開発を進めています。

これからも、ライバーさんやファンの皆さんからの意見・要望を参考にさせて頂きながら、更なるブラッシュアップを重ねていきます。よろしくお願い致します!

いちから株式会社 開発本部開発部 mkc1370
https://twitter.com/mkc1370


【配布用モデリング実施と今後】
「にじさんじプロジェクト」でのアップデートモデルは現在、3Dモデルを既に公開している「月ノ美兎」「樋口楓」「静凛」「物述有栖」「剣持刀也」「える」「家長むぎ」バージョンが完成しております。公開・お披露目に関しては、にじさんじ公式Twitter及び各ライバーのTwitterにてお知らせする予定です。

なお、今後の続報・新たな情報に関しては、いちから株式会社公式Twitter、及びにじさんじ公式Twitter等で随時更新致します。
・いちから株式会社Twitter: https://twitter.com/Ichikara_Inc
・にじさんじ公式Twitter: https://twitter.com/nijisanji_app


【にじさんじプロジェクト】

いちから株式会社が運営する「にじさんじプロジェクト」は、月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気バーチャルライバー(VTuber)を始めとして、個性を存分に活かした多種多様なインフルエンサーが所属しています。バーチャルライバーグループ「にじさんじ(1期生・2期生)」「にじさんじゲーマーズ」「にじさんじSEEDs(1期生・2期生)」の各グループに所属しており、現在約60名のライバーがYouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。

・にじさんじ公式Twitter: https://twitter.com/nijisanji_app
・にじさんじゲーマーズ公式Twitter: https://twitter.com/NijisanjiGamers
・にじさんじSEEDs公式Twitter: https://twitter.com/Nijisanji_Seeds


【いちから株式会社について】
NEXT ENTERTAINMENT FACTORYー「魔法のような、新体験を。」ー

いちから株式会社は、2017年5月2日に設立されたエンターテイメント系スタートアップです。私達は「エンタメ経済圏」が加速する新時代の切り込み役として、世界の人々の日常に魔法をかけていきます。

・「いちから」コーポレートサイト: https://www.ichikara.co.jp
・「いちから」最新情報: https://www.ichikara.co.jp/news/


■ 本件に関するお問い合わせ
いちから株式会社メールアドレス : info@ichikara.co.jp

■ 会社概要
会社名:いちから株式会社
本社:東京都渋谷区 道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館531号
六本木事務所:東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通りビル2F incube内
代表者:代表取締役CEO 田角 陸
  1. プレスリリース >
  2. いちから株式会社 >
  3. 「3Dライブ配信を、私1人で。」3Dにじさんじアプリ、にじさんじバーチャルライバーに配布開始!