【横浜市企業立地ニュース】

11月29日付で、企業立地促進条例に基づき新たに2件の事業計画を認定!

 横浜市は、市内経済の活性化に向け横浜が持つ強みや魅力を生かし、積極的に企業誘致や、市内への投資促進に取り組んでいます。このたび、「企業立地促進条例」に基づき、新たに2件の事業計画を認定しました。

  横浜市は市内経済の活性化に向け、横浜の強みや魅力を活かした積極的な企業誘致・立地の促進に取り組んでいます。このたび、「企業立地促進条例(横浜市企業立地等促進特定地域における支援措置に関する条例)」に基づき、企業から申請された事業計画の審査を行い、平成30年11月29日付で、新たに2件の事業計画を認定しました。これにより、認定件数全体では133件となりました。

1.認定事業計画
 固定資産取得型 (2件)を認定しました。

■みなとみらい21地域
① 積水ハウス(株)がホテルを新設
 みなとみらい地区に、積水ハウス(株)が「ウェスティンホテル横浜(The Westin Yokohama)」を新設します。世界的なホテルグループであるマリオット・インターナショナルが運営を行います。
 「Westin(ウェスティン)」ブランドは、40以上の国と地域に200軒以上展開され、世界中のゲストに最高のコンディションで過ごしていただく独自のウェルネスプログラムや、エネルギーに満ちた滞在を提供する国際的なブランドとして健やかな宿泊空間を提供しています。
 観光・MICE都市の実現を目指す横浜市の更なる魅力向上を目指します。


■京浜臨海部地域
② 澁澤倉庫(株)が賃貸研究所を新設
 澁澤倉庫(株)は、倉庫業・運輸業を主体とした物流事業や不動産事業を営業の柱とする企業で、顧客ニーズの多様化に対応した高品質なサービスを提供しています。
 今回の計画では、物流センターの上部に高機能な賃貸用R&D施設を設置します。
 物流機能に加えオフィスや研究所等、企業が必要とする機能をワンストップで提供する環境を整備しテナントを誘致することで、イノベーション創出の拠点となることを目指します。


2.企業立地促進条例とは
 市内特定地域等に大規模な企業立地を促進し、市内雇用の増大及び市内企業の事業機会の拡大による横浜経済の活性化に寄与することを目的とした大規模なインセンティブ制度。
 事業計画が当条例の規定を満たし、雇用人数の増加や機能強化など、企業立地等が横浜市経済の活性化に資すると認められること等が認定の要件。

【取得型】 本社・研究所・工場を設置するための建物等を建設・取得する場合等への支援
      特定の地域において一定の条件(事業内容、投下資本額など)を満たす事業計画をもつ企業に対する支援
<支援内容>
 対象となる投下資本額に助成率を乗じた額の交付
 投下資本額×助成率:最高12%
 上限額:最大50億円
<主な要件>
 ・規定の投下資本額を上回ること
  中小企業者:1億円以上   大企業者:50億円以上
 WEB:http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/yuchi/support/tokuteitiiki.html

【テナント型】 建物・オフィス床等を賃借する場合等への支援
<支援内容>
 法人市民税(法人税割額)の軽減
 最大1億円/1事業年度(4~6年間)
<主な要件>
 ・家屋(建物)を賃借して本社等を設置すること
 ・本社等の従業員数が一定以上の規模となること
 ・経常利益が直近の3事業年度で計3億円以上、 又は直近の1事業年度で1億円以上となること
 WEB:http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/yuchi/support/tokuteitiikitenant.html

企業誘致ガイド ~横浜へ立地をお考えの皆様へ~
 WEB:http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/yuchi/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 【横浜市企業立地ニュース】