ニュー ギブリ ハイブリッド マセラティ史上初のハイブリッドモデル 誕生


·マセラティ史上初のハイブリッドモデル
·モデナのマセラティ・イノベーション・ラボが開発
·イタリア グルリアスコ(トリノ)のアヴォカート・ジョヴァンニ・アニエリ工場(AGAP)で生産

 モデナ - 口火を切られたマセラティの未来:ニュー ギブリ ハイブリッドの誕生により、マセラティは電動化の世界へと足を踏み入れます。

スーパースポーツカー MC20に搭載する新エンジンを発表に続き、マセラティにとって最も野心的なプロジェクトのひとつであるこのニュー ギブリ ハイブリッドの登場は、マセラティの新時代に向けてまた新たな一歩が進められたことを示しています。
2013年の発表以来、10万台以上が生産されてきたこのモデルは、モデナを拠点とするマセラティのレーシングスピリットのDNAを完璧に体現しています。

ハイブリッドモデルの開発においてマセラティが直面した課題は、ブランドの核となる哲学や価値観を維持しながら、いかに電動化を進めるかということでした。
試行錯誤の結果、可能な限り最高のハイブリッドが誕生しました。そして、アイコニックなマセラティのエンジン・サウンドもまた健在です。
この新しいギブリ ハイブリッドの登場により、マセラティはマーケットの需要に対応する、より競争力のあるラインアップへと拡充します。

デザイン
ギブリ ハイブリッドは、エクステリアならびにとインテリアを一新し、一目でそれと分かる意匠を持ちます。
マセラティのチェントロ・スティーレ(デザインセンター)がギブリ ハイブリッドに与えた新しいスタイリングは、クリーンなクルマの象徴ともいえるブルーカラーによって特徴づけられます。
エクステリアにおいては、マセラティ伝統の三連のサイドエア・ベント、ブレーキキャリパー、Cピラーのサエッタロゴにブルーカラーのアクセントが取り入れられています。このブルーアクセントは、インテリアのシートステッチにも施され、またヘッドレストにはブルーのトライデントロゴが刺繍されています。そしてドアパネルやダッシュボードにも同様の意匠が施され、インテリアに軽やかさと現代性を与えています。 
また新たなデザインに生まれ変わったフロントグリルには、音叉をモチーフとするダブルブレード・スポークが組み合わされています。そしてリアのテールランプは、ジョルジェット ジウジアーロによる名車 3200GTとアルフィエーリにインスパイアされた、ブーメラン・シェイプに仕上げています。

 
マイルドハイブリッド
マセラティのDNAと完璧に調和するべく、マセラティはハイブリッド・エンジンを開発しています。
パフォーマンスの向上に重点を置きながら、同時に燃費効率も改善できるハイブリッドソリューションを選択しています。
この革新的なパワートレインは、モデナにあるマセラティ・イノベーション・ラボのエンジニアによる研究開発の成果であり、内燃機関(4気筒、ターボ、排気量2.0リットル)と48ボルトのオルタネーター、eブースター、バッテリーを組み合わせています。このソリューションは、このセグメントでは他に類を見ないものであり、パフォーマンス、効率性、ドライビングプレジャーの全てにおいてドライバーを満足させる新世代のパワートレインの第一号となります。
また、バッテリーが車両後方に搭載されることによって理想的な重量配分も実現しています。
なお、従来のディーゼルモデルに比べ、よりも約80kgの軽量化を達成しています。
最高出力330ps、トルク450Nmをわずか1,500rpmから発生するニュー ギブリ ハイブリッドは、最高速度 255km/h、0~100km/h加速5.7秒という目を見張るパフォーマンスを有しています。
そして、排気ガスの流体動力学的側面に注目し、共振器を調節することで増幅器を使わずにマセラティ独特のエンジンサウンドを生み出すことにも成功しています。

 

コネクティビティ
ギブリ ハイブリッドはまた、新たにマセラティ コネクトを搭載、車は常時ネットワーク接続を可能にします。ソフトウェアパッケージのアップデートだけでなく、定期メンテナンスを知らせるほか、東南や緊急時のセキュリティに対応するなど、高い安全性を提供しています。

マセラティ インテリジェント アシスタント マルチメディア システムは、Android Automotiveをベースとした最新世代のソフトウェアで、ドライバーの好みに合わせて完全にカスタマイズできる革新的なユーザー エクスペリエンスを提供します。HDスクリーンは、新しいグラフィックを採用し、利便性も向上しています。
フレームレスデザインにより、サイズも8.4インチから10.1インチに拡大されています。 また、デジタルデバイスと新しいグラフィックを採用した新しいインストルメントパネルも導入されています。

 

マセラティの考える電動化
ニュー ギブリ ハイブリッドは、今後のマセラティの全新型モデルにおける電動化につながる計画の第一歩となります。マセラティ初の100%電気自動車は、2021年に予定されている次世代グラントゥーリズモとグランカブリオを予定しています。

※ヨーロッパ仕様値


マセラティ S.p.A.
マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マセラティ ジャパン株式会社 >
  3. ニュー ギブリ ハイブリッド マセラティ史上初のハイブリッドモデル 誕生