IoTボールが野球を変える!小学生もプロ選手同様、感覚にたよらない投球練習を。

センサー内蔵 IoT対応軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」(小学生向け)販売開始

株式会社エスエスケイ(本社: 大阪市中央区、代表取締役社長 佐々木 恭一、以下「SSK」)、内外ゴム株式会社(本社: 兵庫県明石市、代表取締役社長 土井 正孝、以下「内外ゴム」)、株式会社アクロディア(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長 堤 純也、以下「アクロディア」)の3社は、IoTに対応した9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」の開発を完了し、4月1日より販売致します。
◇特徴
本製品は、軟式野球ボールの内部にセンサーを内蔵し、投球時の球速、回転数、回転軸、球種等が計測可能な商品となっております。計測結果は、専用アプリを使いスマートフォンで分析できます。
大きさ・重量・表面ゴム材質については、公認J号球と同等です。


◇開発背景
3社は、2019年12月に中学生・一般向けのテクニカルピッチ軟式M号球を販売しました。大変ご好評頂いたことに加え、小学生用のJ号球を要望する声を多数頂き、開発するに至りました。

テクニカルピッチ軟式球は、「投げるだけで球速等が測定できる軟式野球ボールが欲しい」という消費者の声を受けて開発した商品です。
動画や解析データを活用することで、身体的に発達途上の小学生が自身の特徴や理想のフォームを認識できるだけでなく、投球数も管理できます。過度な練習の抑制でケガの防止に繋がり、長く野球を楽しむ事に寄与します。
今まで見えなかった回転数や回転軸等を数値で可視化でき、感覚に頼らない指導・トレーニングが可能なため、投手の育成・コンディション管理に役立ちます。
また、KDDIとアクロディアが提供するスポーツIoTプラットフォーム 「athleːtech™(アスリーテック)」に登録する事で、テクニカルピッチJ号球・M号球・硬式球のどのボールでも測定データの引き継ぎが可能であり、子どもから大人までの成長プロセスが記録できます。

◇商品詳細

●SSKテクニカルピッチ軟式J号

●品番:TP003J
●本体価格:27,500円(税別)
●本体質量:127.2~130.8g●本体外形寸法:直径68.5~69.5mm
●素材:表面:天然ゴム、充填材:合成ゴムの発泡体
●4月1日から全国のスポーツ店店頭で発売
https://www.ssksports.com/baseball/technicalpitch/


(参考)
■「テクニカルピッチ(TECHNICAL PITCH)」について
2017年9月より販売開始され、硬式野球ボールのスペックに準拠したIoTデバイスです。回転数、回転軸、球速、球種、変化量 、腕の振りの強さ、時間(構えてからリリースするまでの時間とリリースされてからキャッチャーが捕球するまでの時間)、動画(計測時にスマホのカメラで動画を撮影し計測結果と同期)を測定することができます。
 


■「アスリーテック」について
アクロディアが持つ、センサーモジュール搭載製品を使い、競技者が普段通りの投球や競技を行うだけでそのデータが蓄積され、そのデータをスマートフォンやパソコンなどで閲覧しながらオンラインコーチングやコンディション管理などに活用できるIoTデバイス技術と、KDDIがこれまでに「auスマートパス」などで培ってきたコンシューマ向けサービスプラットフォームにおけるマーケティングや運営ノウハウと、KDDIの通信ネットワークを融合し、スポーツの分野を問わず、競技データを蓄積し、技術向上に貢献するプラットフォームです。
※アスリーテックの使い方など、詳細はこちら(https://athltech.com/?rf=press)をご参照ください。

※画像およびサービスの仕様などは、現在準備中のものとなり、変更になる可能性があります。
※その他、本資料に記載の会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エスエスケイ >
  3. IoTボールが野球を変える!小学生もプロ選手同様、感覚にたよらない投球練習を。