2020年 「MaaS(Mobility as a Service)」国家戦略に関するグローバル調査(公開資料:18か国×200枚付き)

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、海外調査レポート“2020年 「MaaS(Mobility as a Service)」国家戦略に関するグローバル調査(公開資料:18か国×200枚付き)”を発刊しました。
■はじめに 

2020年がスタートして1か月が経過したが、 主要国における「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」に関する網羅的な調査・整理・レポートに対する期待値や注目度が高まっている。

ここ(直近)1年の間、日本よりは2~3年は進んでいるであろう海外において、 特に主要国における「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」について網羅的に調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。

こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2020年 「MaaS(Mobility as a Service)」国家戦略に関するグローバル調査(公開資料:18か国×200枚付き) ” ~ 国別(合計33ヵ国)に、「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」の網羅的な調査を実施、「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」×「国別」の徹底探索・抽出・整理≪合計33ヵ国の「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

この調査報告書が主要国における「MaaS(Mobility as a Service)国家戦略」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

■調査対象

・「国内・海外におけるMaaS国家戦略」 全般

■サブタイトル

~ 国別(合計33ヵ国)に、「MaaS国家戦略」の網羅的な調査を実施、
「MaaS国家戦略」×「国別」の徹底探索・抽出・整理
≪合計33ヵ国の「MaaS国家戦略」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

■調査方法

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用、海外ベンダなどへのヒアリングにより調査・分析を行った。

■調査&レポート期間

・2020年1月20日(調査開始)~2020年1月26日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2020年2月6日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:Dream’s Commerce ボリンジャー 実穂子

■トータル・ページ数(報告書)

・30ページ *別途、公開資料は(18ヵ国)200枚

■目次(詳細)・URLはこちら↓

https://www.espers.co.jp/?p=9852

■頒価

本体価格180,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ESP総研 >
  3. 2020年 「MaaS(Mobility as a Service)」国家戦略に関するグローバル調査(公開資料:18か国×200枚付き)