KnowBe4、2021年度Gartner Peer Insightsの最高評価「Customers’ Choice」をセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)部門で獲得

顧客評価に基づくGartner Peer Insights*の2021年度版セキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)レポートにおいて、5カテゴリーで最高評価

東京(2021年2月25日発) - セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるKnowBe4社(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、2021年度Gartner Peer Insightsの最高評価「Customers’ Choice」をセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)部門で獲得したことを発表しました。

Gartner Peer Insightsは、既存顧客から最も高い評価を受けているベンダーを「Customers' Choice」として選定しています。同ガートナーレポートにおいて、2020年11月30日時点で235件のレビュー投稿に基づいて、KnowBe4は他のセキュリティ意識向上プラットフォームベンダーの中で5点満点中の4.7の総合評価を獲得しています。また、同時に、93%の投稿エンドユーザーがKnowBe4を他社へ推薦すると回答しています。

KnowBe4のCEOであるStu Sjouwermanは、今回のGartner Peer Insightsの評価について、次のようにコメントしています。「ITプラットフォームベンダーとして、顧客から直接ポジティブなレビューコメントを受け取ることに勝ることはありません。KnowBe4のプラットフォームは顧客体験を第一に考えて構築されております。顧客からのフィードバックとそれに応えるサービスは、当社の運営と組織の将来の成功にとって最も重要な源泉になっています。顧客からのフィードバックを収集するガートナーのPeer Insightsプロセスを通じてこの栄誉を受けたことは、全社に根付いている顧客第一主義の文化を反映するKnowBe4の素晴らしい成果の一例であると考えています。」

2020年度Gartner Peer Insightsレポートにおいて、KnowBe4にはセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)市場で最も多くのレビュー件数が投稿されました。本レポートでは、評価対象となるベンダーは最低10件の有効レビュー投稿が必要です。KnowBe4は、次の5つのカテゴリーで最高評価「Customers’ Choice」の分類に選ばれました。
 

1. 企業規模:
(1) Customers’ Choice 大企業
(2) Customers’ Choice 中堅企業
2. 業界:
(1) Customers’ Choice インダストリーサービス
3. 地域:
(1) Customers’ Choice 北米 
(2) Customers’ Choice アジア/太平洋
 

KnowBe4 Japan合同会社の日本代表マネージングディレクターである根岸正人は、次のように評価しています。「日本を含むアジア/太平洋地区でエンドユーザーから高い評価を受けたことは、KnowBe4のトレーニングコンテンツおよびフィッシングメールテンプレートの日本語化を含む多言語対応の実績が認められてきていると考えています。また、大企業および中堅企業について言えば、他社のセキュリティ教育では今まで把握できなかった「個人」、「部署」、「組織」ごと のリスクレベルの可視化によって 教育の成果を把握できることが評価されていると確信しています。」
 
KnowBe4についてさらに知りたい方は、www.knowbe4.jp  をアクセスしてください。

2021年度Gartner Peer Insights ‘Voice of Customer’: セキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)レポート(英文)を入手したい方は、 次のURLをクリックしてください。 https://info.knowbe4.com/gartner-peer-insights-five-customers-choice-distinctions-security-awareness-cbt.

注*:Gartner Peer Insightsは、エンタープライズソフトウェア/サービスの意思決定者向けに設計された無料の顧客レビュー投稿/評価プラットフォームです。投稿されたレビューは、ガートナーリサーチがマジッククアドラントやマーケットガイドで定義した市場ごとに分類されます。すべてのレビューは、厳格な検証とモデレーションプロセスを経て、集計・データ解析されます。その結果として、既存顧客から最も高い評価を受けているベンダーを「Customers' Choice」として選定しています。

ガートナー免責事項:
Gartner Peer Insights Customers’ Choice は、エンドユーザー個人のレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(Documented Methodology)によって抽出されたデータを主観的な見解として評価したものであり、ガートナーまたは関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。
 
KnowBe4について>
KnowBe4は、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーです。KnowBe4は、IT/データセキュリティ・エキスパートであるStu Sjouwerman(ストゥ・シャワーマン)によって2010 年8 ⽉に米国フロリダ州タンパベイで設立され、セキュリティの「人的要素:ヒューマンエラーの克服」にフォーカスして、ランサムウェア、CEO攻撃/詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)を始めとする巧妙化するソーシャルエンジニアリング手口などの社員ひとり一人のセキュリティに対する認識を高めることで、「人」を狙うセキュリティ脅威から個人、組織、団体を防御することを支援しています。世界で最も著名なサイバーセキュリティ・スペシャリストであるKevin Mitnick(ケビン・ミトニック)がCHO(Chief Hacking Officer)を務めています。同氏のハッカーの視点に立った知見をベースにKnowBe4のトレーニングプログラムは組み立てられています。2020年10月現在、 3万5千社を超える企業や団体がKnowBe4を採用して、防御の最終ラインとして「人」による防御壁を構築しています。また、日本においては、2019年11月にKnowBe4社の100%出資日本法人「KnowBe4 Japan合同会社」を東京都港区に設立し、2020年2月1日付けで日本代表マネージングディレクター 根岸正人が就任し、日本国内での本格的な販売及びマーケティング活動を開始しました。 https://www.knowbe4.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノウ・ビフォー >
  3. KnowBe4、2021年度Gartner Peer Insightsの最高評価「Customers’ Choice」をセキュリティ意識向上CBT(コンピューターベースド・トレーニング)部門で獲得