デジタル教材「リブリー」と教科書出版「教育出版」が業務提携

〜2022年4月より教科書「中学 数学」の準拠問題集を提供開始〜

デジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を提供する株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)は、教科書およびデジタル教科書の出版・販売を手がける教育出版株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:伊東 千尋)と業務提携契約を締結しました。

今回の業務提携により、教育出版が出版する教科書「中学 数学」に準拠したデジタル版の問題集を2022年4月からリブリーでご利用いただけます。

■業務提携の背景
教育出版では、すでにデジタル教科書・デジタル教材を提供していますが、今回新たなプラットフォームとしてリブリーが追加採用された理由は主に以下の3点です。

①デジタル教科書・デジタル教材の制作体制
リブリーでは、これまでに14社、約260冊以上の教科書や教材のデジタル版を制作した経験を持つ専門部署があります。これにより出版社としてのデジタル対応の負担を軽減することができ、本業である出版に関する業務に集中できるようになります。

②生徒の学習状況に合わせた個別最適化
リブリーでは、教科書や教材の「学習要素」ごとに独自にタグ付けを行っています。これにより生徒一人ひとりの学習履歴から、学習状況に合わせた類似問題や苦手問題を提案する機能などがあります。

③サービス導入後の学校現場へのフォロー
リブリーでは、カスタマーサポート体制を自社内で構築しています。これによりICTに苦手意識のある先生や生徒様にも安心してご利用いただけるよう、導入から運用開始、その後の活用までを支援する体制が整っています。

また、文部科学省が推進するGIGAスクール構想により、端末などのハード面、通信環境が整い始めた学校現場からリブリー対応へのご要望の声もあり、今回の業務提携に至りました。
 
■今回リブリーで提供開始する書籍について
2021年度から提供している教科書「中学数学1,2,3」に完全準拠した問題集を、2022年4月からリブリーにてデジタル版として提供開始します。

<書籍名>
・中学数学問題集1 教育出版教科書準拠
・中学数学問題集2 教育出版教科書準拠
・中学数学問題集3 教育出版教科書準拠
※紙での発行はなく、デジタル版のみの提供となります。

■リブリーについて
「リブリー」は、デジタル教材とAIドリルの特性を併せ持つ、デジタル教材プラットフォームです。1つの端末で複数の教材や問題集を管理することができるほか、学習履歴に基づいた「類似問題」機能等で、生徒一人ひとりの学習状況や理解度に合わせた個別最適化学習を実現します。また2022年4月には、学習者用デジタル教科書への対応を予定しています。(サービスサイト:https://libry.jp/
 
【会社概要】
■教育出版 株式会社
教育出版は、無限の可能性を秘めた「学びのチカラ」を教科書という形で世に送り出し、子どもたちの成長に貢献してきました。これからは学びの「場と機会」を、家庭へ、地域へ、さらに社会へと広げていきます。学びのチカラで「自ら問い、考え続け、行動し、社会を創っていく人」の成長を支えながら未来へとつないでいく。そのような、次代の教育をリードする企業でありたいと考えます。

代表者:代表取締役社長 伊東 千尋
所在地:東京都江東区有明3-4-10 TFTビル西館
WEBサイト:https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/index.html

■株式会社Libry
代表者:代表取締役CEO 後藤 匠
所在地:東京都千代田区岩本町3-9-13 岩本町寿共同ビル 4F
コーポレートサイト:https://about.libry.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Libry/リブリー >
  3. デジタル教材「リブリー」と教科書出版「教育出版」が業務提携