LAUNCHPAD FUND、国際物流プラットフォーム「Giho」を運営するWillbox株式会社へ出資!

「資金」「周知」「採用」「営業」「分析」の5つの力でWillboxの成長をアシスト

IVS
Headlineの一員としてアジアを中心にグローバルな投資活動を行うHeadline Asia(旧称:インフィニティ・ベンチャーズ)が昨年設立したシード特化ファンド、LAUNCHPAD FUND(代表取締役:川村達也)は、国際物流プラットフォーム「Giho」を運営するWillbox株式会社(代表取締役:神一誠)へ、500万円の投資を実行致しました。Willboxは、丸紅ベンチャーズをリードインベスターとして、本ラウンドでANOBAKA、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、個人投資家の守屋実氏から資金調達を行っています。
LAUNCHPAD FUNDは、「初速を、変えよう。」というスローガンのもと、Headline Asia本体ファンドからの追加出資を視野に、「資金」「周知」「採用」「営業」「分析」の5つの側面から、Willboxの事業成長を全力でアシストしてまいります。

写真左:Willbox神、写真右:LAUNCHPAD FUND川村写真左:Willbox神、写真右:LAUNCHPAD FUND川村

  • 出資の経緯

インフィニティ・ベンチャーズ(2021年5月よりHeadline Asiaへリブランディング)は2007年より、年2回開催しているインターネット企業経営者カンファレンス、IVS(https://www.ivs.events)内において、スタートアップ向けピッチコンテストLAUNCHPADを開催しております。昨年より、より多くの起業家に機会を提供すべく、年4回に拡大、また新たに開催される2回の開催については、各回テーマを定め特定の領域のスタートアップに絞って開催しています。(昨年12月はSaaS特化にて開催、6月25日にLAUNCHPAD Entertainmentを開催予定)
今回のSPeakとの出会いも、このLAUNCHPADによるものです。今年の3月に開催した「IVS 2021 Spring LAUNCHPAD」の選考会において、Willboxのサービスと出会いました。ピッチを通して、Willboxが目指す「国際物流のDX」というビジョンに共感し、今回出資を決定させて頂きました。
Willboxへの出資を通して、専門性が高く、長らくデジタル化が困難とされてきた国際物流におけるDXの推進をサポートしてまいります。
  • 担当者からのコメント

神一誠(Willbox株式会社, 代表取締役)
国際物流の中でも、大型貨物に関する物流はデジタル化が困難とされてきました。創業以来、物流事業者様が長年培ってきた知見をDXによりアップデートし、物流の国際競争力を高めることを通じて、「Made in Japan」を再定義することに取り組んできました。この度の資金調達を通じ、Willboxでは「Giho」の開発をより一層強化するとともに、荷主企業様・物流事業者様たちへの営業活動とご理解に努めるべく組織体制を強化していきます。株主様たちの保有する幅広い知見や多角的なネットワークの面でも支援を受け賜りながら事業成長を更に加速させていきます。また、この度は事業のポテンシャルを評価していただけたこと、非常に嬉しく思います。引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

川村達也(VP Partner Relations, CPA, LAUNCHPAD FUND 代表取締役)
Headline Asiaは、国内海外問わず、物流領域で勝負をするスタートアップに多く投資をしています。
この領域で特に必要な力は3つあると感じています。一つは、経験豊富なバックグラウンド。二つ目は、既得権益へ挑み続けられる泥臭さ。最後は、その既得権益をも巻き込む人間力。神さんからはこの3つを強く感じました。
国際物流プラットフォームという途方もなく険しい大海原をご一緒できることを嬉しく思っております。
 
  • Willboxについて

Willxox:https://willbox.jp/
Willbox株式会社は2019年設立、国際物流プラットフォーム「Giho」を運営しています。

国際物流プラットフォーム「Giho」 https://willbox.jp/Giho

WillboxがDXによる効率化を目指す国際物流は、主に貨物サイズが大きい工作機械や精密機械、プラント設備等で物流自体の専門性が高く、FCL/ Full Container Load(海上コンテナ輸送)による輸送で、デジタル化が困難とされてきた領域です。国際物流では輸送、梱包、通関、船積みといった様々な工程があり多くのステークホルダーが関わるため、リードタイムの長期化、不明瞭な料金構造といった課題も抱えています。Willboxは国際物流プラットフォーム「Giho」の運営を通じてこれらのステークホルダーを結び、荷主に対して「早い・安い・安全」な物流サービスを提供する一方で、実作業を行う物流事業者に対しては「高単価かつ得意な案件」を還元しています。

「Giho」の特徴は、デジタル化した木箱梱包技術と、独自に構築した物流事業者に関するデータベースを用いたアルゴリズムです。荷主が入力した貨物の寸法や内容物、出荷地、荷受地、スケジュールといった条件に応じて、最適な物流事業者を組み合わせた見積もりを最短10秒程度で作成できます。見積もりには詳細な費用の内訳も分かりやすく表示されるため、荷主は複数の見積もりを比較し最適と判断した各物流事業者への発注をGiho上で一括して行えます。Willboxは、今後も荷主と物流事業者が国際物流に関する業務を効率化できる機能をGihoに追加していくことで、国際物流のプラットフォームとして業界全体の発展に貢献するサービスに成長させることを目指します。

「Giho」の運営は2020年7月からベータ版として開始しており、これまでに100社を超える物流事業者が登録済みです。荷主の多くは工作機械や精密機械を製造・販売するメーカーや商社で、すでに輸送費用の削減や見積比較と発注における業務改善といった成果を上げています。

運営会社
Willbox株式会社:https://willbox.jp/

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 OCEANGATEMINATOMIRAI 8階
m.kami@willbox.jp
080-4192-9181

採用情報
https://www.wantedly.com/companies/company_8200863

「Giho」ベータ版の登録はこちら
https://willbox.jp/Contact
 
  • Co-Founderプロフィール

代表取締役:神一誠
大学卒業後、大手人材広告会社などを経て家業で創業56年の総合物流会社に入社。国際物流の課題をリアルに体験する。現場作業、法人営業、経営企画、海外駐在を経て、2019年にWillbox株式会社を創業。海外駐在時代に現場作業で知見を深めた「職人のノウハウ」をデジタル化し、物流事業者データベースの構築による荷主企業と物流事業者を繋ぐ、国際物流デジタルプラットフォーム『Giho』を2020年に開発。国際物流における様々な「手間」を省く新しい仕組みを仕掛ける。
 
  • LAUNCHPAD FUNDについて

LAUNCHPAD FUNDは、インフィニティ・ベンチャーズが2007年より開催する国内最大のインターネット企業経営者カンファレンス、IVS内で開催されるスタートアップ向けピッチコンテスト、LAUNCHPADのエントリー企業などを中心に、次世代の産業創出に挑む新たな可能性に資金を提供することを目的としたシード対象のファンドです。

IVSで「次世代の、起爆剤に。」というミッションを掲げて行う中で、より次世代を担う、若手起業家の事業成長を加速させる役割を担いたく、シード向けのファンドを組成するに至りました。この「LAUNCHPAD FUND」では資金面でのサポートだけでなく、コミュニティを強化し、独自プロダクトを活用した営業や採用支援に加え、データドリブンな経営を実現するための売上分析などもサポートし、スタートアップの事業成長の「初速」を最大化することを目指しています。

ファンド概要
名称:LaunchPadFund 投資事業有限責任組合
無限責任組合員(GP):LaunchPadFund株式会社
主な投資対象:LAUNCHPAD応募企業を中心に、シードステージの企業を対象
 
  • Headline Asia(旧称:インフィニティ・ベンチャーズ)について

Headline Asia(旧称:インフィニティ・ベンチャーズ)はアジアを中心に4つのファンドで累計270億円を運用する、グローバルな独立系ベンチャーキャピタルファンドです。国内外に幅広いネットワークを有し、このネットワークを最大限に活用して、ベンチャー経営・投資において成功実績を持つメンバーが投資案件の発掘などの情報提供や出資先の経営支援を行い、出資先の企業価値の最大化を目指します。代表的な投資先として、直近IPOしたfreee・WealthNaviをはじめとして、ジモティ・17LIVE・GROUPON・FARFETCHなどがあります。
2021年5月に、10年間にわたりグローバルにユニコーンを発掘する協力関係にあった、アメリカ・ヨーロッパで投資活動を行うe.venturesとともに、Headlineへリブランディングを行いました。インフィニティ・ベンチャーズはHeadline Asiaとして、これからも日本を中心としたアジアへの投資戦略に焦点を当ててまいります。

https://headline.com/

リブランディングについて
https://note.com/headline_asia/n/na3223b67c5ac
 
  •  本プレスリリースに関するお問い合わせ

LaunchPadFund株式会社
〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目1−1住友不動産御成門タワー9階
川島康平( kohei@headline.com )
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IVS >
  3. LAUNCHPAD FUND、国際物流プラットフォーム「Giho」を運営するWillbox株式会社へ出資!