サービスとしてのネットワーク市場は2027年に118,709.3百万米ドルに達すると予測

ASTUTE ANALYTICAが2022年1月19日に発表した最新レポートによると、ワイドエリアネットワークサービス分野は、様々な産業で広く採用されていることから、35%の最大市場シェアを占めると予測されています。

サービスとしてのネットワークの世界市場は、2027年には118,709.3百万米ドルに達すると予測されています。また、同市場は予測期間中に40.7%のCAGRを記録すると予測されています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.astuteanalytica.com/request-sample/network-as-a-service-market

NaaSは、クラウドサービスモデルの一つです。このモデルでは、お客様はクラウドプロバイダーからネットワークサービスをレンタルすることになります。NaaSを利用することで、ユーザーはネットワークインフラを維持することなく、ネットワークを運用することが可能になりました。企業におけるクラウドサービス導入の増加や、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の増強が、市場成長の促進要因になると予想されます。さらに、従来のネットワーキングモデルを置き換えるNFVやSDNベースのクラウドネイティブソリューションに対する需要の高まりは、市場成長の有利な機会を提供します。しかし、プライバシーやデータセキュリティの懸念が市場成長の妨げになると予想されます。また、NaaSベンダーのインフラは、オンプレミスベースのアプリケーションや古いハードウェアなど、レガシーシステムと互換性がない場合があります。

グロースインフルエンサー
 

企業におけるクラウドサービス導入の増加

大企業だけでなく、中小企業の間でもクラウドサービスの導入が急速に進んでいます。これは、企業のネットワーク全体を管理するために、コストのかかるITリソースやオンプレミスデータセンターを維持するのに比べて、これらのサービスの方がコスト効率が良いためです。このようなニーズは、物理的なネットワーク要素を仮想リソースに変換できるNaaSコンポーネントが提供する仮想リソース共有環境の採用を増やしており、データセンターの接続要件のために企業の共有と利用が可能です。これにより、市場の成長が促進されます。

ソフトウェア・デファインド・ネットワークにおけるオーグメンテーション 

SDNは、低レベルの機能を抽象化して、ネットワークサービスを管理することを支援します。これは、ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション(UC&C)アプリケーションへの道を開いた、ネットワーク・アーキテクチャの大きな発展である。SDN の増強は、管理システムとネットワークインフラを一変させた。SDN はハードウェアをソフトウェアソリューションに置き換えることで、ネットワーク管理を簡素化しました。また、制御プレーンとデータプレーンを分離することで、ネットワークをプログラマブルかつソフトウェア駆動型にすることができます。これらの要因はすべて、NaaSモデルの改善に役立ち、それゆえ市場の成長に寄与しています。

市場細分化
 

コンポーネント別

  • インフラサービス
  • テクノロジーサービス
テクノロジーサービス分野は、様々な産業で高い需要があるため、最大のシェアを占めています。また、インフラサービス分野は、予測期間中に大きな成長率を示すと予想されます。

種類別
  • ワイドエリア・ネットワーク・サービス
  • ローカルエリアネットワークサービス
  • ワイヤレス・アズ・ア・サービス(WaaS)
  • エンハンストモバイルサービス
  • ボイスアズアサービス(VaaS)
  • セキュリティ・アズ・ア・サービス(SaaS)
広域ネットワークサービス分野は、様々な産業で広く採用されていることから、35%の最大シェアを占めると予想されています。また、コンピュータ、携帯電話、データセンター、リモートオフィスなど、多くのリソースを介した通信ネットワークも提供されます。エンハンストモバイルサービス分野は、最も速い年平均成長率で成長すると予想されています。

サービスモデル別
  • 帯域オンデマンド
  • クラウド型サービス
  • サービスとしての統合ネットワークセキュリティ
  • 仮想プライベートネットワーク
  • 広域ネットワーク
広域ネットワークサービスモデル部門が最大のシェアを占めています。このサービスモデルは、顧客の要件に基づき、ユーザーがパブリックまたはプライベートゲートウェイにアクセスできるように設定することができます。クラウドベースのサービスは、予測期間中に43.7%と最も速い速度で成長すると予測されています。

企業規模別
  • 中小企業
  • 大企業
大企業セグメントは、これらの企業におけるNaaSサービスの高い導入率により、2020年の市場シェアが最大となった。中小企業セグメントは、世界的に中小企業の数が増加しているため、最も速い速度で成長すると予測される。

エンドユーザー産業別
  • 銀行、金融サービス、保険 (BFSI)
  • 政府・公共機関
  • ヘルスケア
  • IT・通信
  • 製造業
  • 小売・Eコマース
  • その他

IT・通信分野では、クラウドやネットワーク技術の普及により、オンデマンドのネットワークサービスを顧客に提供できるようになり、最大の市場シェアを占めると同時に、最も速い速度で成長すると予測されています。ヘルスケア分野は、第2位の市場シェアを占めると予想されます。

地域別分析

地域別では、欧州、北米、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米に区分されます。

北米地域は、高度なITインフラやクラウドコンピューティングの普及が進んでいること、ネットワーク仮想化ソリューションベンダーが米国を中心に集中していることから、世界市場の約40%を占め、最大のシェアを獲得しています。

欧州市場は、企業の自動化とデジタル化を推進する様々な政府によるイニシアティブが高まっていることから、第2位のシェアを占めると予想されます。アジア太平洋地域は、日本、韓国、中国など技術的に進んだ国々の存在により、大きな成長率を示すと予想されます。

競合他社の分析 

世界市場で事業を展開する主なプレイヤーは、Aryaka Networks、AT&T、Ciena Corporation、Cisco、Extreme Networks、Global Cloud Xchange、IBM Corp、Juniper Networks、NEC、Oracle Corp、Silver Peak Systems、SYNNEX、Telstra、Verizon、VMware、などの著名企業などです。

上位5社の市場シェアは約61%に迫っています。これらの市場プレイヤーは、市場での存在感を高めるために、協業、M&A、新製品の発売などに取り組んでいます。例えば、2021年7月、Aryaka Networksは、フィジーのビジネスに高速なだけでなく安全な接続性への手間のかからないアクセスを提供するためにVodafone Fijiと提携した。また、今日の急成長するビジネス環境において、シンプルさと柔軟性を提供します。

続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/network-as-a-service-market

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Astute Analytica >
  3. サービスとしてのネットワーク市場は2027年に118,709.3百万米ドルに達すると予測