がん発生率の増加AstraZeneca、Bristol-Myers Squibb、Janssen Biotech、Merck、Novartisなどの主要企業によるがん免疫療法市場の拡大

UnivDatos Market Insights (UMI)、は調査レポート「癌免疫療法市場;世界的な機械分析」2021年11月 21日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートについてーhttps://univdatos.com/report/cancer-immunotherapy-market/
従来の癌治療は、依然として最も実践されており、医学的抗癌戦略の最も標準的な治療法です。それらは、外科手術、化学療法、および放射線療法を含みますが、癌免疫療法は、ますます受け入れられており、最近革新され承認されたばかりの新しいアプローチとして浮上しています。2018年の初めに、約32のモノクローナル抗体が癌の適応症および医療目的の癌免疫療法のためにFDAまたはEMAによって承認されました。癌の発生率の急増と老人人口の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。
 

 


2020年には、推定1,930万人の新しい癌症例(非黒色腫皮膚癌を除く1,810万人)が世界中で診断され、約1,000万人の癌による死亡(非黒色腫皮膚癌を除く990万人)が見込まれます。女性の乳癌は、最も診断された癌で肺癌を上回っており、推定230万人の新規症例(11.7%)、肺(11.4%)、結腸直腸(10.0%)、前立腺(7.3%)、および胃(5.6%)の癌があります。

サンプルレポートhttps://univdatos.com/get-a-free-sample-form-php/?product_id=5089

AlysonHaslamとVinayPrasadが2019年に実施した「チェックポイント阻害剤免疫療法薬の適格性と反応性を示す米国の癌患者の割合の推定」というタイトルの研究によると、 米国におけるチェックポイント阻害薬の適格な癌患者の推定割合は、2011年には1.54%でしたが、2015年には推定26.86%、2018年には43.63%に増加しました。さらに、NSCLC(21.48%)、肝細胞癌(4.95%)、およびSCLCは、適格性の計算に最も貢献した疾患(3.79%)でした。2016年、免疫療法治療は、FDA承認の腫瘍薬のわずか9%を占めているにもかかわらず、腫瘍薬への支出の33%を占めました。すべての大手腫瘍薬会社は強力な免疫療法パイプラインを構築しており、M&Aと投資家の関心を高めています。

キープレイヤー

市場におけるキープレイヤーは、AbbVie, Amgen, AstraZeneca, bluebird bio, Bristol-Myers Squibb, F. Hoffmann-La Roche, Janssen Biotech, Merck, Novartis, Pfizerなどが含まれています。

市場セグメンテーションの説明

市場は治療の種類(モノクローナル抗体、ワクチン、チェックポイント阻害剤、細胞治療、免疫系モジュレーター、養子細胞移植、サイトカイン、その他)、アプリケーション(肺癌、乳癌、結腸直腸癌、メラノーマ、前立腺癌、頭頸部癌、その他)、エンドユーザー(癌専門/研究センター、病院および診療所)、および地域/国などセグメントの洞察を提供します。

治療の中で、モノクローナル抗体セグメントが主要なシェアを占めています。」

治療の種類に基づいて、市場はモノクローナル抗体、ワクチン、チェックポイント阻害剤、細胞治療、免疫系モジュレーター、養子細胞移植、サイトカインなどに細分化されています。モノクローナル抗体セグメントは2020年に37.3%のシェアで市場を支配しました

「アプリケーションの中で、乳癌は分析期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます」

さらにアプリケーションに基づいて、市場は肺癌、乳癌、結腸直腸癌、メラノーマ、前立腺癌、頭頸部癌、その他の癌のアプリケーションに細分化されています。2020年には、肺癌が25.5%の最大市場収益シェアを占め、予測期間中も市場を支配すると予想されます。

レポートは、北米(米国、カナダ、その他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、英国、ロシア、フランス、スペイン、その他のヨーロッパ)、 アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他のAPAC)、およびその他の世界を含む主要な地域および国の詳細な分析を提供します。

北米が市場を支配し、2020年には375.6億米ドルの収益を生み出しました。アメリカでは、2021年に約190万人の新しい癌症例が診断されると予想されています。2021年には約608,570人のアメリカ人が癌で死亡すると予想されており、これは1日あたり約1,670人の死亡に相当します。癌は米国で2番目に多い死因であり、心臓病だけがそれを上回っています。

このレポートを購入する理由:

·        この調査には、認証された主要な業界専門家によって検証された市場規模と予測分析が含まれています

·        レポートは、業界全体のパフォーマンスの概要を一目で示します

·        レポートは、主要なビジネス財務、製品ポートフォリオ、拡張戦略、および最近の開発に主な焦点を当てた著名な業界の同業者の詳細な分析をカバーしています

·        業界で普及している推進要因、制約、主要な傾向、および機会の詳細な調査

·        この調査は、さまざまなセグメントにわたる市場を包括的にカバーしています

·        業界の詳細な国レベルの分析

 

調査レポートについてーhttps://univdatos.com/report/cancer-immunotherapy-market/

 サンプルレポートーhttps://univdatos.com/get-a-free-sample-form-php/?product_id=5089

 会社概要

Universal DataSolutionsの子会社であるUnivDatosMarket Insights(UMI)は、専任の専門家の中核が主導する急速に成長しているダイナミックな市場調査会社です。当社は、将来のビジネス戦略を形作るために、クライアントに持続可能な戦略を提供します。カスタマイズされたレポート、コンサルティングサービス、シンジケートレポートを提供し、意欲的なチェンジメーカーが賢明な戦略的意思決定を行うのに役立ちます。当エキスパートアナリストチームは、市場のダイナミクスを批判的に評価し、勤勉な情報源による競争力のあるインテリジェンスを示し、さまざまな業界にわたるクライアントの理解を深めます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Univdatos Market Insights Private Limited >
  3. がん発生率の増加AstraZeneca、Bristol-Myers Squibb、Janssen Biotech、Merck、Novartisなどの主要企業によるがん免疫療法市場の拡大