映画『365日のシンプルライフ』は、劇場公開と同時に、「ビデックスJP」では配信も開始!

 株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、映画『365日のシンプルライフ』の劇場公開日より、配信を展開しております。
 2014年8月16日よりオーディトリウム渋谷他全国順次ロードショーの映画『365日のシンプルライフ』は、劇場公開日より配信も開始!映画館に足を運んで大スクリーンで満喫したり、自宅でゆっくり配信で楽しんだりと、自分のライフスタイルにあった方法で、本作を楽しむことができます。

(C)Unikino 2013(C)Unikino 2013


フィンランドからやってきた
「人生で大切なもの」を見つけ出す365日のモノがたり

失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットした365日の“実験”生活。監督・脚本・主演のペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれたアイディアを映画化。登場する家族や友人は全てホンモノ、リアルな人間関係と日常生活に起こるドラマが、北欧ジャズで軽快に綴られていく。フィンランド公開時には、多数の“実験”フォロワーが生まれ、若者の間で一大ムーブメントに。誰もが自分に置き換えたくなる“自分ごと”映画。

(C)Unikino 2013(C)Unikino 2013


<あらすじ>
26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れた自分の部屋には幸せがないと感じ、自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。ルールは4つ。
 ①持ちモノ全てを倉庫に預ける
 ②1日に1個だけ持って来る
 ③1年間、続ける
 ④1年間、何も買わない
毎日、モノを1つ選ぶたびに、自分自身と向き合うペトリ。「人生で大切なものは何か?」、究極の”シンプルライフ”から見えてくる。

監督・脚本・出演者:ペトリ・ルーッカイネン 音楽:ティモ・ラッシー


【販売サイト】
■ビデックスJPのサイトはこちら : http://www.videx.jp/
■映画『365日のシンプルライフ』作品販売ページはこちら:
http://www.videx.jp/detail/cinema/v_c_ryosenmytheater/cmyc0568_0001/index.htm


【配信概要】
2014年8月16日より、48時間視聴/1296円(税込)にて配信開始

【株式会社ビデックスについて】
 ビデックスは今年で創業10年。私たちは映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための①映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、②ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、③埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビデックス >
  3. 映画『365日のシンプルライフ』は、劇場公開と同時に、「ビデックスJP」では配信も開始!