「Secure Back」および「Air Back」シリーズ いよいよサブスクリプションサービス開始!

〜 持ち出しPCにはクライアントバックアップ〜

累計3万本の隠れたヒット製品がサブスクリプション対応へ!
報道関係各位
2020年3月31日
株式会社アール・アイ

「Secure Back」および「Air Back」シリーズ
いよいよサブスクリプションサービス開始!
〜 持ち出しPCにはクライアントバックアップ〜
株式会社アール・アイ(東京都千代田区 代表取締役:小川 敦、以下アール・アイ)は、自社開発のリアルタイムでバックアップが可能な「Secure Back」と「Air Back」のサブスクリプションサービスを2020年4月1日(水)より開始いたします。


「Secure Back」および「Air Back」の3つの特徴
1.リアルタイムバックアップ
もっとも重要なファイルは今、編集しているファイルです。
最も重要な、今更新したファイルをリアルタイムにバックアップします。

リアルタイムなバックアップリアルタイムなバックアップ



2.ボタン1つで簡単リストア
ファイルのバックアップだけでなく、メールもバックアップされます。
そして、ボタン1つで簡単に復旧できます。

ボタン1つの簡単リストアボタン1つの簡単リストア


3.軽量なクライアントバックアップ
軽量に動作し負荷もかからないので、テレワークなどで持出すPCのバックアップに最適です。

羽のように軽いバックアップ羽のように軽いバックアップ



サブスクリプションサービス開始の背景
保守期限切れで折角のバックアップデータからリストアできないといったトラブルが絶えませんでした。
バックアップからリストアする機会があまりないので、いざという時に有効期限が切れていたというケースが大変多く、弊社としてもサポートができずに心苦しいケースが続いておりました。
これを解消するため、月額および年額のサブスクリプションサービスとして提供することで、全てのご利用者様をサポートする事が可能になります。


利用シーン
利用者は意識する事なくPCのファイルがバックアップされます。
そして、万が一紛失や盗難、災害などでPCを破損した場合も、簡単にPCを復旧できます。

バックアップの有用性バックアップの有用性








【「Secure Back」製品概要】

Secure BackSecure Back

価格:PC700円/月~
サーバー5,000円/月~
管理サーバー30,000円/月~
https://www.ri-ir.co.jp/ri_product/secureback/


スタンドアロン型バックアップAir Back」製品概要】

Air BackAir Back

価格:PC500円/月~
サーバー6,000円/月~
https://www.ri-ir.co.jp/ri_product/airback/



販売方法:全国の取扱店にてお求めいただけます。
販売店:SB C&A、ダイワボウ、ネットワールドなど
詳しくは弊社ホームページをご覧ください。
https://www.ri-ir.co.jp/partners/


<アール・アイについて>

アール・アイ ロゴアール・アイ ロゴ

アール・アイは、製品の企画・開発・販売・サポートを一貫して行なっている純国産の総合データプロテクションメーカーです。
データ一括保護やバックアップに関する特許技術を軸に、企業内のデータ保全や情報漏洩防止に貢献しています。主な製品として、デスクトップ仮想化製品「Shadow Desktop」、集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズ、データ保護ソフト「シークレットフォルダー」シリーズ、データベース同期ソフト「KeepSync」があります。
※ Shadow Desktop、Secure Back、Air Back、シークレットフォルダーは株式会社アール・アイの登録商標です。
※ その他、上に記載された会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。


<リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社アール・アイ 営業部
TEL:03-6853-7800 FAX:03-6853-7801
Mail:sales@ri-ir.co.jp URL:https://www.ri-ir.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アール・アイ >
  3. 「Secure Back」および「Air Back」シリーズ いよいよサブスクリプションサービス開始!