働く女性の“妊活”事情・不妊治療の最前線がわかる!

OL向け情報紙「シティリビング」が妊活イベントを実施

 サンケイリビング新聞社(代表取締役:内堀眞澄)が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」は、働く女性の“妊活”を応援しています。
イベント「いつかママに! 働く女性のためのココロとカラダ磨き」を10 月6 日(日)に日本橋YUITO(ユイト)で実施します。不妊治療の第一人者である専門医・京野廣一氏をゲストに迎え、「卵子の老化」「男性不妊」について不妊治療の最新情報を学びます。さらに「妊娠に向けたカラダづくり」についても講演を展開。協賛ブースでは、妊活の参考となるサービスなどを紹介します。
読者1000 人の動員を予定した本イベントを、ぜひご取材いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
main image

■「いつかママに!働く女性のココロとカラダ磨き」開催概要

日  時:10 月6 日(日) 午後0 時30 分~ 5 時30 分、入退場自由
会  場:YUITO( ユイト)/日本橋室町野村ビル(東京都中央区日本橋室町2 丁目4 番3 号)
定  員:1000 人
対  象:未既婚問わず、将来赤ちゃんがほしいと考えている女性(カップルでの参加可)
参 加 費:無料
主  催:シティリビング
特別協賛:京野アートクリニック高輪
協  賛:あすか製薬/スタジオグラフィコ/ドコモ・ヘルスケア/ながいきや本舗/ピジョン/ヴィトロライフ
     /フェリング・ファーマ/メニコン/メルクセローノ/モンゼンコーポレーション/ ケンコーコムSG
     /山忠 温むすび
後  援: 産経新聞社、東京都
企画運営: サンケイリビング新聞社

■セミナー内容(各回定員制)

セミナーA:「知りたい、卵子老化の真実」 (午後1 時~ 2 時) 
卵子の老化と年齢の関係や妊娠する能力について。将来、妊娠をのぞむ女性が気をつけるべきことを、不妊治療の
最前線に携わる京野廣一氏と、東京慈恵会医科大学付属病院の鴨下桂子氏に聞きます。

■セミナーB:「パートナーと考える不妊治療」 (午後2 時30 分~ 3 時30 分) 
不妊の原因は女性側とは限りません。認識が低い「男性不妊」(勃起障害、無精子症など)について、東邦大学医療
センター泌尿器科・永尾光一氏を交えて、京野先生とトークセッションを実施。男女お互いの立場を理解しながら、
パートナーと一緒に取り組む不妊治療の大切さについて考えます。

■セミナーC:「今、知りたい食のこと」~ママになるあなたと未来のために~ (午後4 時~ 4 時45 分)
サプリメント、食事量や質、添加物など、世の中にあふれる食の情報との向き合い方と、女性のカラダづくりにつ
いて勉強します。講師は食デザイナー・管理栄養士の平野實希氏。

当日は、来場者全員にシティリビングが制作した「妊活ブック」(非売品)を配布。読者のホンネのアンケートや不妊に関する基礎知識を掲載しています

■京野廣一氏

京野アートクリニック(仙台)、京野アートクリニック高輪(東京)理事長。福島県立医科大学を卒業し、東北大学医学部産科婦人科学教室入局。1983 年、日本初の体外受精による妊娠出産に携わる。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医、医学博士

■平野實希氏

管理栄養士、株式会社 食デザイナーズ。女子栄養大学栄養学修士。同大学栄養科学研究所栄養クリニック同大学実践栄養学研究室勤務。独立法人国立健康・栄養研究所所属。講演・執筆・商品開発コンサルティング・雑誌・テレビなどで活躍。「ふたりで食べたい子宝レシピ」ほか著書多数

■「シティリビング」媒体プロフィール
体裁・発行日 タブロイド版カラー・週刊、無料  
発行元 株式会社サンケイリビング新聞社
配布エリア 東京都心14 区(7668 オフィス)、横浜市、川崎市近郊(3381 オフィス)
配布方法 配布先企業の希望にもとづき、各オフィスに所定の方法でお届け
主なターゲット オフィスに勤務する20 ~ 40 代前半の女性
発行部数    東京版18 万5326 部、横浜版5 万1222 部

【リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社サンケイリビング新聞社 シティ企画部 
担当:石田 isidmitu@sankeiliving.co.jp
東京都千代田区紀尾井町3-23  TE L:03-6703-4410

  1. プレスリリース >
  2. サンケイリビング新聞社 >
  3. 働く女性の“妊活”事情・不妊治療の最前線がわかる!