遺児支援のあしなが学生募金が、2年ぶりに復活します

12/11(土) 新宿西口でセレモニー 全国12都市で遺児学生が募金呼びかけ

遺児を支援する一般財団法人あしなが育英会(本部 東京都千代田区、会長 玉井義臣、以下「本会」)の大学奨学生を中心に組織されるあしなが学生募金事務局は、12月11日(土)と12日(日)に2年ぶりとなる街頭募金を実施します。コロナ禍で困窮する遺児家庭を支えようと、学生たちが実施を決意しました。

12月4日の「遺児の保護者調査」の発表会見で、募金への決意を語る学生募金事務局の堀川事務局長12月4日の「遺児の保護者調査」の発表会見で、募金への決意を語る学生募金事務局の堀川事務局長

遺児を支援する一般財団法人あしなが育英会(本部 東京都千代田区、会長 玉井義臣、以下「本会」)の大学奨学生を中心に組織されるあしなが学生募金事務局は、12月11日(土)と12日(日)に2年ぶりとなる街頭募金を実施します。コロナ禍で困窮する遺児家庭を支えようと、学生たちが実施を決意しました。

あしなが学生募金は毎年4月と10月に全国約200か所で行われ、奨学生らが持つ募金箱には年間2億円以上のご寄付をいただいていました。報道を通して知った方からの振り込み寄付は、当日の募金箱の額をはるかに上回ります。しかしこの募金活動が、コロナ禍のため2019年10月を最後に実施できていませんでした。

そんな中、本会が行った調査(12月4日発表)で遺児家庭の困窮がコロナ禍で一段と進んでいることが分かり、あしなが奨学生たちは「今こそ自分たちが立ち上がる時」と、冬の街頭募金実施を決意しました。

12月11日(土)に、新宿の小田急百貨店前でセレモニーを実施します。そして11日(土)と12日(日)に新宿を含む全国12都市14拠点で、遺児学生たちが募金を呼びかけます。

<あしなが学生募金 実施概要>
主催:あしなが学生募金事務局(本部:東京都千代田区、事務局長:堀川琉=東北学院大学4年)
◆全国セレモニー
日時:12月11日(土)12時~12時30分(セレモニー終了後14時まで街頭募金を実施)
内容:堀川事務局長(学生の代表・仙台から上京)のスピーチ、本会・玉井義臣会長による訴え、「遺児の保護者調査(12/4)」の結果発表、遺児学生らによる呼びかけなど

◆各地での街頭募金
12/11(土):新宿、金沢
12/12(日):札幌、仙台、高崎、名古屋、三重、京都、大阪、神戸、広島、福岡
(日時や場所は、本会ウェブサイトで公表しています:https://www.ashinaga.org/media/news/9658/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. あしなが育英会 >
  3. 遺児支援のあしなが学生募金が、2年ぶりに復活します