『宇宙旅行市場調査』の結果について

クラブツーリズムグループと宇宙航空研究開発機構JAXAとの共同研究

クラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延)の子会社で「民間宇宙旅行」を専門に取り扱う
株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズ(東京都新宿区、代表取締役社長:浅川恵司)は、宇宙航空研究開発機構JAXAとの共同研究として「宇宙への旅客輸送に伴う需要・規模に関する研究」を行い、この度その結果概要を公表しましたので、お知らせいたします。
《 宇宙旅行市場調査の趣旨と内容 》

我が国の今後の宇宙利用産業の重要性は、ますます高まるものと考えられています。
そのひとつして、将来実現が期待される一般個人を対象とした「宇宙旅行」についても、政府の長期ビジョンの中で有力な宇宙利用産業分野のひとつとして検討の遡上に上がっています。
一方、アメリカが中心となって、現在、宇宙旅行の開発が民間企業を中心に行われており、近い将来、この波が日本にもやってくることが考えられます。
このような時代の変化を背景に、株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、この度、日本における「宇宙旅行」の個人需要についての市場調査を共同で実施しました。
これは、クラブツーリズムの全国の登録顧客20代~70代の中から1,700名を無作為抽出して、昨年12月に郵便にて、宇宙旅行についてさまざまな質問を記した調査表をお送りして実施したもので、合計541名の方々より回答を受け取ったものです。

このような日本における将来の宇宙観光についての消費者意識を探り、将来の市場規模およびニーズを予測するために行われた詳細な調査は近年ないと思われます。

結果については、下記のリンクにて公開をしております。

●概要版はこちら  http://www.club-tourism.co.jp/press/2014/survey_space01.pdf
●詳細版はこちら  http://www.club-tourism.co.jp/press/2014/survey_space02.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラブツーリズム株式会社 >
  3. 『宇宙旅行市場調査』の結果について