『月刊「仏事」』は『月刊「終活」』へ、リニューアル創刊

創刊21年、終活の領域拡大に合わせて発信範囲を拡大

超高齢社会を背景に需要が高まる「終活」に関するさまざまなサービスを提供する株式会社鎌倉新書(東京都中央区、代表取締役社長COO:小林 史生、証券コード6184、以下「鎌倉新書」)は、2022年10月、当社で現在発刊中の雑誌『月刊「仏事」』を『月刊「終活」』にリニューアルし、創刊いたします。

 
  • 『月刊「仏事」』とは
2001年4月創刊した寺院、葬儀、仏壇・仏具、墓地・霊園・墓石など供養業界全体を網羅した供養業界唯一のビジネス業界紙です。

供養業界・各企業のトップやリーダーを読者対象としており、読者層に合った業界の最新情報や傾向、主要企業の動向などをいち早く掲載し、経営戦略やマーケティング・セールス・サービスなどに活用いただける情報提供を目指しています。

また「より気軽に記事を読んでほしい」という思いから2021年9月に『月刊「仏事」WEB』をスタート。WEB上ならではの動画コンテンツなどを公開しています。書籍とは対象的に一般の方にも面白く読んでいただけるコンテンツづくりを目指しています。
 
  • リニューアル創刊の背景
超高齢社会の進展、産業構造の変化や都市化、技術の進歩による交通網の発達によって家族関係が激変する現代社会において、「終活」の領域も拡大してきています。

私たちはそれに伴い、高齢者やその家族が直面する希望(やりたいこと)、課題(やらなくてはならないこと)、備え(やっておくべきこと)などに向き合っている事業者様や関係者様に向けて、これまでの供養業界に限らず、介護・相続・保険・不動産・自治体などより広範囲な情報発信をすることで業界の発展につながるビジネス情報誌を目指します。
 
  • 創刊号イメージと内容(抜粋)
【巻頭特集】

線から面へのビジネス構築へ「生前終活の新トレンド」
 case.1 新しい提案「終活式」
 一般社団法人終活カウンセラー協会代表理事 武藤 頼胡氏
 case.2 落語で学ぶ相続セミナー
 一般社団法人相続診断協会代表理事 小川 実氏
 case.3 ライフエンディング業界の新たな顧客価値の向上を 「エイジテックサービス」で実現する
 トリニティ・テクノロジー株式会社代表取締役CEO磨 和寛氏

【仏壇特集】
株式会社永田屋 永田 浩三氏インタビュー

【石材特集】
滝の石材設計株式会社代表取締役 花川 東久氏インタビュー

【葬儀特集】
コロナ禍を乗り越え健闘する葬儀社 株式会社金宝堂
 
  • 代表取締役会長CEO清水 祐孝より(創刊号「展望」より抜粋)
「終活」なるワードは最近になって広く知られるようになったもので、今世紀の初め頃にはまだ存在していなかった。超高齢社会が生み出したこのワードは、この10年ぐらいで急速に浸透してきた。

しかし、これほど急速に浸透した理由は、超高齢社会だけが理由ではない。産業構造の変化や都市化の進展、はたまた技術の進歩による交通網の発達などが相まって、人々が住む場所を変えながら生活を営むようになり、家族関係が激変したことが、大きなファクターとなっている。

一方、「終活」はワードとしての存在感を増しているのだが、その定義については社会のコンセンサスとなっているようなものはない。私たちの場合は、死後の準備ではなく、死を見つめることで生を輝かせるために行うことという考えのもと下記のような定義づけを行っている。

 “超高齢社会の進展に伴って、シニアやその家族が直面する希望(やりたいこと)、課題(やらなくてはならないこと)、備え(やっておくべきこと)など全て”

人は現在からより良き未来を想像し、そこに向かって生きている。「終活」とはその逆で、いま人生が終焉の時を迎えていると想像して、そこから現在を見つめる作業である。そして、残りの人生の中で、やっておくべきことに優先順位を付けた上で、チャレンジすることだと私たちは考えている。

そのことによって、明るくポジティブに生きて行かれたり、しっかりとした心持ちになったりすることは私たち人間にとってとても大切なことだと私たちは信じている。そして、そのように生きる人が増えていれば、結果的に消費は活発になり経済にも好影響を与えるはずだと。そして、そのような高齢者を見た次の世代も同じ行動を取ることになれば、これこそ超高齢社会の中でわが国が希望を見出すことにつながってくる。

以上の観点から、私たちは事業を行っており、この「終活」を専門にメディアを運営し、そのインフラとなろうと考えている。

長くなったが、そのような理由で長い期間発行してきた、月刊「仏事」を月刊「終活」と改名させていただき、これまでよりも広範囲な情報をお届けしたいと考えている。読者の皆さまには、以上の想いをご理解いただき、今後ともご愛読をいただきますようお願い申し上げる次第である。
 
  • 『月刊「終活」』発売・発行・編集制作
発行人  :清水祐孝
編集人  :奥村昇
発行所  :株式会社鎌倉新書(東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング3階)
E-mail  :biz@kamakura-net.co.jp
 
  • 鎌倉新書について
1984年に仏教書の出版を目的として創業しました。現在は供養・終活専門企業として「いい葬儀」、「いいお墓」、「いい仏壇」、「いい相続」など13のサービスを運営し、お客様センターやポータルサイトを通じた相談・情報提供を行っています。終活インフラを標榜し、「明るく前向きな社会を実現するため、人々が悔いのない人生を生きるためのお手伝いをする」ことを使命としています。お金のこと(遺言・相続など)、からだのこと(介護・終末期医療など)、家族のつながり(葬儀・お墓など)の希望や課題を解決し、高齢社会を活性化することが、未来の希望になると考えています。

会社名  :株式会社鎌倉新書
設立   :1984年4月17日
市場区分 :東京証券取引所プライム市場(証券コード:6184)
本社所在地:東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング3階
代表者  :代表取締役社長COO 小林 史生
資本金  :10億5591万円(2022年7月31日現在)
URL   :https://www.kamakura-net.co.jp/
 
  • 鎌倉新書が運営する主なサービス


▼インターネットサービス
いい葬儀  :https://www.e-sogi.com/
いいお墓  :https://www.e-ohaka.com/
いい仏壇  :https://www.e-butsudan.com/
お別れ会プロデュースStory:https://e-stories.jp/
いい相続  :https://www.i-sozoku.com/
わたしの死後手続き:https://watashigo.com/
いいお坊さん:https://obousan.e-sogi.com/
いい介護  :https://e-nursingcare.com/
いい不動産 :https://i-fudosan.com
いい保険  :https://e-hoken-lp.com/
安心できる遺品整理:https://www.i-seri.com/

▼出版・発刊物
月刊『終活』: https://butsuji.net/

▼グループ企業
株式会社ハウスボートクラブ:https://hbclub.co.jp/
株式会社エイジプラス:https://e-nursingcare.com/guide/company-profile/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社鎌倉新書 >
  3. 『月刊「仏事」』は『月刊「終活」』へ、リニューアル創刊