0歳~小学校低学年まで楽しめる!こどものための体験型イベント「やってみる。こDoもフェス bySTRIDER」が今年も開催決定!2019年5月26日(日)パシフィコ横浜

ストライダージャパン(本社:東京都杉並区、代表取締役:岡島和嗣、運営元:株式会社Ampus)は、2019年5月26日(日)にパシフィコ横浜にて、「やってみる。こDoもフェス」を開催いたします。今年で2度目となる本イベントでは、ストライダーを使用したさまざまなコンテンツをはじめ、ものづくりや体験教室、親子で楽しめるコンテンツなど、小さな子どもたちが普段体験できないようなコトへのチャレンジの場を提供いたします。
 


◆「やってみる。こDoもフェス」 とは
 こDoもフェスは、小さな子どもたちが普段経験できないようなコトにチャレンジをし、「Do=やってみる」ことの大切さを学ぶイベントです。子どもたちのがんばる気持ちを応援する企業やワークショップが、さまざまなコンテンツを用意して子どもたちの挑戦を待ち構えています。
変化が激しい今の時代の、その先をつくっていくのはキミたちだ!まずはやってみよう!


◆開催概要
開催日時  :2019年5月26日(日) 開場10:00/閉場16:00 (予定)
会場    :パシフィコ横浜 展示ホールB 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
対象年齢  :0歳~小学校低学年
入場料   :無料(イベント内では有料コンテンツもございます)
主催    :こDoもフェス実行員会
企画/制作 :ストライダ―ジャパン (株式会社Ampus)

★会場内はストライダー乗り放題!

※今回の出展企業や、昨年の様子については下記公式サイトをご確認ください。
http://www.strider.jp/news/event/kodomofes/


◆絵本作家・高畠那生氏による「こDoもフェス」のキービジュアルを発表
『成長して強くなる』、『今までの殻を破って成長する』という様子を絵本作家・高畠那生さんの世界観で表現していただきました。以下高畠那生さんよりコメントをいただきました。「初めて自転車に乗れるようになった時、これで一人でどこへでも行けるとワクワクしたものでした。あの何かが開いた感覚、子どものときたくさんあったような気がします。」今回のこDoもフェスでも様々な挑戦を通じて、子供達にはたくさんのワクワクを感じてもらえると嬉しいです。

<プロフィール>
高畠那生(たかばたけなお)
軽やかな筆触、鮮やかではっきりとした色彩の組み合わせ、大胆な構図でつくられる絵本はどれもクスリと笑ってしまうユニークなものばかり。絵本制作だけでなく、イラストレーションやワークショップなどの活動もしている。主な作品に「チーター大セール」、「バナナじけん」、「だるまだ!」など多数。


◆ストライダーとは
ストライダーは、足で地面を蹴って進む二輪車です。

1歳半から5歳、子どものココロとカラダは大きく成長し、遊び方も大きく変化します。
ストライダーは三輪車とは違い自立しないため、子どもが自ら直感的にバランスを取りコントロールする必要があります。
そのため、バランス感覚や自信も育ち、自転車にもスムーズに移行することができます。
子どもには使いづらいペダルとブレーキを省き、走る・止まる・曲がるというコントロール性能、シンプルさと丈夫さ、そして最も軽い独自構造を追及しました。STRIDER®は、世界中200万人以上の子どもたちに愛されているただひとつのランニングバイクです。

※公式サイトはこちら
http://www.strider.jp/about/


◆会社概要
社名  :ストライダージャパン(株式会社Ampus)
所在地 :東京都杉並区高円寺南4-5-7 4F
代表  :代表取締役 岡島 和嗣
資本金 :1,000万円
法人設立:1998年1月
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ストライダージャパン >
  3. 0歳~小学校低学年まで楽しめる!こどものための体験型イベント「やってみる。こDoもフェス bySTRIDER」が今年も開催決定!2019年5月26日(日)パシフィコ横浜