MONOKROM、モデルキャスティングサービスのW Entertainmentと業務提携「Dokumo.Tv」の女性読者モデル約500人を「週末モデル」に移管

働き方の多様化により、週末に副業でモデルをやりたい女性が増加

 株式会社MONOKROM(代表取締役社長:筒井真人、本社:東京都渋谷区)は、モデルキャスティングサービス「Dokumo.Tv」を運営する株式会社W Entertainment(代表取締役社長:山本和基、本社:東京都港区)と7月2日、業務提携をいたします。これにより「Dokumo.Tv」に登録している女性読者モデル約500人を、MONOKROMが運営する「週末モデル」に移管することとなります。

1.業務提携に至った背景
 「週末モデル」は、2017年12月にサービスを開始した副業モデルアプリで、OL、栄養士、介護福祉士、主婦などモデル以外に本業を持ったモデルと、モデルを探している企業を結び合わせるサービスです。副業解禁などの後押しもあり、サービス開始から半年ほどでモデルの登録数は約400人に増え、新たな生き方にチャレンジしようとする女性が増えています。また、インターネットの発達により媒体が増えたことで、プロではないリアルで身近なモデルを低コストで利用したいといった企業からの需要も高まり、企業登録数は150社を超えました。今回「Dokumo.Tv」の読者モデルを「週末モデル」に移管することで、従来読者モデルと呼ばれてきたモデルたちが「週末モデル」として新たな職業との掛け合わせの可能性や生き方を広げる突破口にできるとの考えから、業務提携へと至りました。
 一方、2012年から運営される老舗モデルキャスティングサービス「Dokumo.Tv」は、読者モデルの新たな展開や収益の仕組みを追い求める必要性を感じていました。次のステップとして、制作事業への注力を目指していたところ、「週末モデル」のコンセプト、システムと人的マネジメントを両立させた運用方針に共感し、今回の提携に至りました。これにより、「Dokumo.Tv」のサービスは終了となりますが、「Dokumo.Tv」のモデルマネジメントの知見を生かし、「週末モデル」の育成などの面で協力体制を築きます。「Dokumo。Tv」のモデルを移管したことにより「週末モデル」はモデル数約900人となり、これまで以上にあらゆる企業からの要望に対応できるようモデルキャスティング事業を推し進めてまいります。

2.「読者モデル」から「週末モデル」に時代が移行する3つのポイント
 プロではないモデルのことを「読者モデル」と呼ぶ時代が長らく続きましたが、時代の変化によって、副業としてのモデル活動、モデル以外の活動も生かした活動方法が可能な時代となりました。そういった働き方を「週末モデル」はサポートします。

①副業解禁による働き方の後押し
今年は「副業元年」と呼ばれるように、国が副業・兼業に関するガイドラインを作成したり、大手企業の副業解禁も進んでいます。これにより、企業に勤める女性が副業としてモデル活動を行いやすい環境にあります。

②プロとアマチュアの境目が曖昧になってきている
インターネットの発達により、YouTubeやAbemaTVなどテレビ以外にも複数のメディアが誕生し、視聴者や読者の需要が広がり、プロのモデルだけでなく、身近な人物にも人気が集まるようになりました。それに伴い、広告の種類も増え、企業からはプロのモデルより低価格で引き受けてくれる身近でリアルなモデルを起用したいといった需要が高まっています。

③ソーシャルネットワークを活用し、自己プロデュースや自己発信ができる
ソーシャルネットワークサービス(以下、SNS)の発達により、自己プロデュースや自己発信が簡単に行えるようになりました。SNSを活用して、フォロワーを増やすことで発信力を高め、夢の実現に近付くことも可能です。特に、Instagramでは「インスタ映え」が重要視されており、モデルという自分の写真を投稿することで効果的にファンを獲得できます。

■株式会社MONOKROMとは
MONOKROMは「クリエイティブの力で新しい仕組みをデザインし、垣根のない世界をつくる」をミッションとし、広告企画制作や自社サービスの開発、運営を行っています。2013年の設立以来、広告企画制作を主力事業としてきましたが、2017年12月より副業モデルアプリ「週末モデル」サービスを開始し、モデルキャステイング事業に参入したことを皮切りに、新しい生き方や働き方の提案など、会社のミッションである「垣根のない世界作り」の実現に向けてさらなる事業拡大を目指します。会社自体も、率先して副業やフレックス制度など、個人に合わせた柔軟な働き方を取り入れています。

■週末モデルとは
「平日、OL。週末、モデル。」をコンセプトに、普段の仕事と両立してモデル活動をする女性と、モデルを探している企業を結ぶモデルキャスティングアプリです。モデルは、20代~30代の女性を中心に約400名ほど在籍していて、未経験の方から過去にプロとして活躍していた方、SNSで多くのフォロワーを持つインスタグラマーまで様々です。登録企業はキャスティング会社や広告代理店、その他企業など約150社が登録。
週末モデルポータルサイト:http://weekend-model.com/

■株式会社W Entertainmentとは
大阪を拠点とするDokumo.Tvを買収し、2012年7月25日に起業。その後東京に移転し、モデルキャスティングサービスに注力してきた。人が集まる場所を作れたことにより、さらに多種多様で斬新なビジネスを展開する可能性を拡大。今後は、モノクロムと組み芸能業界の変革。そして独自に情報を選定し、真の情報を社会に向けて届けていく報道の変革。この2つ(W)をミッションとして事業を展開し、芸能<業界>と<報道>の悪しき概念を払拭し、変化をもたらして行く。
 

■Dokumo.Tvとは
読者モデルが雑誌などでムーブメントを起こしていた2012年からモデルキャスティングサービスとして開始。芸能プロダクションにおけるモデルへの被害が多い中、モデルがより良い環境で仕事ができるよう、システムだけに頼らない丁寧なマネジメントを行ってきた。今期で7期目に入り、所属モデル数は850人を超え、取引先も1500件を超える。モデルや役者になりたい!きれいになりたい!そんな夢を追いかける人たちを全力でサポート、バックアップしてきました。
Dokumo.tvポータルサイト:http://dokumo.tv/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MONOKROM >
  3. MONOKROM、モデルキャスティングサービスのW Entertainmentと業務提携「Dokumo.Tv」の女性読者モデル約500人を「週末モデル」に移管