スペイシーがスマートロックの「Akerun」に対応し、鍵管理を自動化。無人での遊休スペースの活用が可能に

会議室シェアのスペイシーがスマートロックに対応、会議室運用の負担を大幅に削減

株式会社スペイシー(本社:東京都中央区、代表取締役:内田圭祐、以下「スペイシー」)は、運営する会議室のシェアサービス「スペイシー」にて、スマートロックの「Akerun」に対応したことをお知らせします。
スマートロックに対応し、無人での遊休スペース運用が可能に
遊休スペースの運用にはセキュリティ確保のために鍵管理が必要です。しかし、鍵管理を行うには、鍵の開閉にかかる手間や、新しいキーボックスの設置など、負担が多く遊休スペースを活用できない方も多くいらっしゃいました。

「スペイシー」とスマートロックの「Akerun」との連携により、ユーザーが利用時間のみ鍵の開閉を行える仕組みを提供し、鍵管理を自動化、無人で遊休スペースの運用が可能となります。今後も、順次対応するスマートロックを増やし、より多くの遊休スペース活用を促進、どこでも生産性高く働けるような社会を目指した働き方改革を推進してまいります。

<ご利用イメージ>


■スマートロック「Akerun」について
株式会社フォトシンス(東京都品川区、代表取締役社長:河瀬航大)が提供するスマートロック「Akerun」と、スマートロックロボット「AkerunPro」は、貼り付けるだけで簡単に自宅やオフィスのドアについている鍵を電子錠に変えることができるIoT製品です。これにIoTゲートウェイの「Akerun Remote」を加えた「Akerunオンライン鍵管理システム」は、鍵からはじまるセキュリティシステムとして、主に事業者向けに提供されています。物理的な鍵を使わずに、専用のWeb管理画面「Akerun Manager」やスマートフォンアプリを使って遠隔・クラウドでの鍵管理・履歴管理を実現します。鍵権限を持つユーザーはスマートフォンアプリや、登録したICカードを使って施錠・解錠ができます。

■株式会社スペイシーについて
株式会社スペイシーは「個人のポテンシャルを最大限発揮できるワークスペースを提供する」をミッションに掲げ、ビジネスミーティングや研修などビジネスに活用できるスペースを1時間500円から簡単に貸し借りできるマーケットプレイス「スペイシー」を提供しています。首都圏を中心とし約2500室以上の会議室や研修施設・イベントホール等を取り扱っており、ビジネスパーソンを中心とした累計利用者数は80万人以上。
今後も、日本のビジネス環境に必要となる様々なスペースの利用を可能とし、日本のビジネスシーンにおける生産性及び環境の向上に貢献して参ります。

<会社概要>
  • 会社名:株式会社スペイシー  
  • 所在地:〒104-0028 東京都中央区八重洲2−2−1日本酒類販売新八重洲口ビル2F
  • 代表者:内田圭祐(代表取締役/CEO)
  • 設立:2013年10月
  • 事業内容:会議室のシェアサービス「スペイシー」https://www.spacee.jp/ の運営
  • URL:http://www.spacee.co.jp
  • Facebookページ: https://www.facebook.com/spacee.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペイシー >
  3. スペイシーがスマートロックの「Akerun」に対応し、鍵管理を自動化。無人での遊休スペースの活用が可能に