いよいよ、東日本大震災から8年。ですが、防災ガールは、解散いたします

次世代に向けた防災教育プログラム「Impactful accelerate program for DRR」をスタート

東日本大震災を機に誕生した一般社団法人防災ガール(代表理事:田中美咲、以下「防災ガール」)は、来年2020年3月11日の満7年の活動に幕を閉じる運びとなりました。

防災ガールロゴ防災ガールロゴ

「防災があたりまえの世の中をつくる」を掲げ、旧態依然とした防災業界の新機軸として、数えきれないほどの方々にご期待・ご賛同を頂きながら活動を続けてまいりました。のべ80社以上の企業・行政・学校の皆様と連携させて頂き、チームメンバーとして参加いただいた方々は、130名を超えます。近年では、グローバルメディアが選ぶ世界一の女性社会起業家として身に余る評価を頂いたり、立ち上げたプロジェクトが国際的に評価されるなど、非営利団体でありながらも、このように成長を続けてこられたのは一重に、私たちに期待し、支援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

なお解散日は、約1年後の2020年3月11日です。これまでの活動を通じて、私たちが培うことのできた、防災における事業開発や展開の知識経験や情報発信に関する様々な知恵を次世代に継承し、より意義のある「有機的解散」とするために、全身全霊をかけ残り1年活動を続けてまいります。

■ TOPICS
  1.   解散に至った経緯について
  2. 「次世代 防災リーダー育成プログラム」をスタート、3/11より応募受付を開始
  3.   2019年3月11日よりwebメディアbosai-girl.comを停止、他事業も最小限へ
  4.   防災ガール6周年記念イベント開催

[1] 解散に至った経緯について

私たち防災ガールは、次の10年、この先の100年を考えた時に、「防災」に少しでも関わる人や組織をまとめて「防災業界」としたとこに、この業界がこのままではいけないのではないかと日に日に強く感じるようになりました。毎日複数件いただく講演依頼や、連携のご提案。本来はひとりひとりが持つべき防災意識なのにも関わらず、「防災ガール」を頼りにして頂く、そうした状態の慢性的な継続こそが、思考停止や停滞の原因にもなりうるのではないかと考えました。

有事の際、私たちは“みんなのヒーロー”にはなれません。どれほど助けたい想いがあれど、残念ながらその場にいた、極めて限られた人たちしか助けることはできません。このままでは、業界の成長や加速を減退させ、停滞させ、またもや防災業界としての「同じことの繰り返し」になってしまうのではないかと思っています。そこで、私たちの勝手な想いではありますが、一年後の2020年3月11日の解散を決断いたしました。
皆さまの温かいご支援の中、そして災害が多発する中での苦渋の選択となりましたが、ようやく活発になり始めた業界の循環を保ち、新陳代謝を上げ「依存せず、常に問い・考え続ける」姿勢を広めていくためには、この決断が最善だと判断致しました。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


[2] 「次世代 防災リーダー育成プログラム」をスタート、3/11より応募受付を開始

新事業「impactful accelerate program for DRR -有機的解散と発展的伝承-」ロゴ新事業「impactful accelerate program for DRR -有機的解散と発展的伝承-」ロゴ

私たちの解散をより有意義なものにするべく、2019年の最後1年間は、私たちが培ってきた経験や知識の全てを、次の防災を本気で担おうとする人たちへ継承し、彼ら彼女らの活動を惜しみなくサポートすることに費やそうと考えております。

この6年間で得た防災のメソッドやナレッジをまとめ、次の防災業界やこれからの未来を担う団体数社に向けてプログラムを開催し、「防災ガール」という団体を構成する要素を業界全体へ継承することで、時代に添った業界の変化を加速させたいと思っています。
たんぽぽの綿毛が風に乗り飛んで行くように、そして宇宙の星が爆発するように、この6年間で少しでも前に進んだ時代を巻き戻ることのないよう、前進・加速させるための起爆剤を仕掛ける予定です。ご興味がある方、「これから」を担う防災のリーダーに相応しい方や団体・企業様のご応募を、来たる3/11より受付開始いたします。

こちらよりご応募ください。(応募スタート:3月11日(月)/応募〆切:4月15日(月))
URL: https://www.impact4drr.org/


[3] 2019年3月11日よりwebメディアbosai-girl.comを停止、他事業も最小限へ

防災ガールwebメディア防災ガールwebメディア

有機的解散、そして次世代への継承としての教育プログラムに注力するため、解散までの1年は立ち上げ当初から運営してきた防災ガールwebメディア「bosai-girl.com」の更新を停止、さらにはその他自主事業を最小限に縮小いたします。2020年3月11日の解散をもってwebサイトを閉じる予定です。

また、現在販売している商品は連携企業様により販売は継続され、これまで運営してきたプログラムは次世代版避難訓練LUDUSOSのオープンソース化を筆頭に、すべてオンライン上にすでに公開され、どなたでも必要な時にご参照頂けます。

[4] 防災ガール6周年記念イベントを開催

BOSAI GIRL 6th Anniversary partyBOSAI GIRL 6th Anniversary party

最後に、一般社団法人防災ガールの過去所属してきたメンバーを含め、連携してきた方々をご招待した6周年記念イベントを実施いたします。この場でも、改めて詳細と想いをお伝えするとともに、解散日までの取り組みにつきましてお話させて頂きます。クローズドなイベントとなっておりますが、この経緯を記事にしてくださるメディアの方など、防災業界を加速させるための有機的解散と発展的継承にお力添えいただける皆様はご参加頂けますので、是非ご連絡ください。

日時:2019年3月10日 13:00-16:00(12:45開場)
場所:永田町GRiD 地下1F (東京都千代田区平河町2-5-3 )
参加費:4000円
参加予約:bosai.girl@gmail.com へ参加者様情報をご記入の上ご連絡ください





■防災ガールについて

防災ガールlogo防災ガールlogo

一般社団法人防災ガール
URL:http://info.bosai-girl.com/

2013年3月設立、2015年3月11日に法人化。「防災があたりまえの世の中に」を目指すべく、20代〜30代を中心に構成されたソーシャルスタートアップ。常に今ある「あたりまえ」を疑いながら防災や生きることについて考え、フェーズに合わせた新しい防災の概念をさまざまな形で提起。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人防災ガール >
  3. いよいよ、東日本大震災から8年。ですが、防災ガールは、解散いたします