海外向け日本不動産(中古マンション)販売を開始

インバウンド不動産賃貸管理事業大手のWealthPark社と業務提携

AIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社 GA technologies [ジーエーテクノロジーズ](本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樋口 龍、証券コード:3491、以下当社)は、海外事業展開の第一弾として、アジア地域を中心にインバウンド不動産賃貸管理事業大手のWealthPark株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川田 隆太、以下WealthPark社)とインバウンド向け国内不動産販売に関する業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。

<左:WealthPark社CI、右:当社CI><左:WealthPark社CI、右:当社CI>


背景1:アジア人投資家による日本不動産への投資需要の増加
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催や、国内各地でのIR(統合型リゾート)施設の開業などを見据え、近年、日本の不動産市場に関心を示すアジア人投資家が増加しております。特に中国市場においてはその傾向は顕著で、中国不動産市場調査会社「房天下」が公表した『2016年中国人による海外不動産購入トレンド報告』によると、日本は中国人主要不動産投資国ランキングの4位とされています。この背景には、日本の不動産・土地権利が無期限(中国は最長70年)であること、世界の大都市に比べ、日本の主要都市の不動産商品が高品質かつ低価格であることなどが影響していると言われております。各都市の世帯収入に対する不動産価格の倍率をリスト化した「世界で最も住宅市場が高い都市ランキング(※1)」では、1位の香港が19.4倍であるのに対し、東京・横浜は33位の4.8倍と、世界市場から見た日本の不動産の手頃さが顕著に表れております。更に、アジア諸国では中間層世帯の増加が著しく (※2)、今後アジアの中間層による日本の不動産需要の拡大も期待されています。

<アメリカの調査会社デモグラフィア社の2018年版「世界で最も住宅市場が高い都市ランキング」(※1)><アメリカの調査会社デモグラフィア社の2018年版「世界で最も住宅市場が高い都市ランキング」(※1)>


背景2:AIを活用した不動産仕入れシステムの精度向上による良質な中古不動産の安定供給体制
当社はこれまで、中古不動産流通ポータルサービスのRenosyを通じて、国内市場向けに大都市圏の中古マンション販売を行ってまいりました。今年2月開設のRenosyポータルサイトや不動産オーナー向けアプリRenosy Insightの提供開始により、Renosyサービスの会員数は2万人(※3)を突破し、不動産データ及びユーザーデータの蓄積を加速させてまいりました。これに伴い、AIを活用した不動産物件の仕入れシステム「Tech Supplier(※4)」の精度は向上し、良質な中古不動産物件のより安定的な供給が可能になりました。

このような背景を受け、アジア人投資家を中心とするインバウンド不動産賃貸管理事業で高い実績を誇り、不動産オーナー向けアプリ開発などを通じて高いデータ構築技術を有するWealthPark社との業務提携により、国内の優良な中古不動産物件の海外向け販売を開始いたします。更に、同社との提携による販売実績を重ねることで、アジア人投資家(ユーザー)のデータベース構築を進めていく予定です。

まずは、当社で実績のある投資用中古マンションの販売を行ってまいりますが、そこでの知見やユーザーデータを活かし、将来的には空間シェアリングなどの多角的な不動産サービスの提供機会を検討していくとともに、日本の不動産価値向上と中古不動産市場の活性化に取り組んでいく所存です。

(※1) アメリカの調査会社デモグラフィア社の2018年版「デモグラフィア・インターナショナル・ハウジング・アフォーダビリティー調査」より、「世界で最も住宅市場が高い都市ランキング」(http://www.demographia.com/dhi.pdf)
(※2) 英調査会社ユーロモニターによると、アジアの中間層は2017年に6億7391万世帯となり、07年に比べ7割増えている
(※3) 2018年6月末時点
(※4) AIの画像認識による不動産広告(マイソク)の自動読み取り、AIによる物件のスコアリング機能、RPAによる契約書の自動作成などを実現した自社の不動産業務支援ツール。今年7月30日に「AIによるマイソクの自動読み込み機能」の特許を出願


◆WealthPark株式会社について
2014年に台湾、香港、シンガポール、中国を中心に海外投資家をターゲットにしたインバウンド不動産賃貸管理事業を開始、海外個人投資家の賃貸管理受託戸数では最大手の一角を占める。また、インバウンドの賃貸管理実務を通して得たノウハウと自社エンジニアによるIT開発力を組み合わせ、不動産オーナー向けの資産管理・運用アプリケーション「WealthPark」及び付随したPM管理会社向けシステム「WealthPark for ビジネス」の開発・提供を行う。導入実績は株式会社宅都プロパティ、株式会社ホットハウス、フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社等、複数社に渡る。


名称:WealthPark株式会社
URL:https://wealth-park.com/
本社:東京都渋谷区恵比寿1-20-18 三富ビル新館2F
代表者:代表取締役社長 川田 隆太
資本金:1,000 万円
事業内容:
・不動産オーナー向け資産管理
・運用アプリケーション「WealthPark」及び付随する不動産管理会社向けシステムの提供、外国人オーナーを中心とした賃貸物件の管理

 

◆ 株式会社GA technologiesについて
『テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。』という経営理念のもと、ユーザー利便性の高い不動産サービスを目指し、テクノロジーを活用したエンド・トゥー・エンドの不動産流通プラットフォーム「Renosy(リノシー)」(https://www.renosy.com/)の構築や次世代の不動産取引のため多様な不動産データの集約に努めております。

社名:株式会社 GA technologies
URL:www.ga-tech.co.jp
本社:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 8F
設立:2013 年3 月12 日
代表者:代表取締役社長 樋口 龍
資本金:1億円
事業内容:
・中古不動産流通プラットホーム「Renosy」の開発・運営
・AIを活用した不動産業務支援ツール「Techシリーズ」の開発・運営
・不動産オーナー向けアプリ「Renosy Insight」の開発・運営
・中古区分マンションの投資型クラウドファンディングサービスの開発・運営

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GA technologies >
  3. 海外向け日本不動産(中古マンション)販売を開始