大橋トリオが、ニューアルバム収録曲『摩天楼バタフライ』を「AWA」で先行配信!


シンガーソングライターの大橋トリオが、2017年2月1日(水)、音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」において、ニューアルバム収録曲『摩天楼バタフライ』の先行配信を開始した。


今回配信された『摩天楼バタフライ』は、来る2月15日(水)にリリースされる大橋トリオ11枚目のニューアルバム『Blue』の収録曲。

「AWA」は、2016年11月7日(月)に、「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」の提供を開始。楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる、新機能「ハイライト再生」も追加している。


大橋トリオとは
ピアノ・ギター・ベース・ドラムなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤー。ジャズ及びアコースティックをベースに、映画やドラマ、CMなどの音楽制作、アーティストら(小泉今日子、SMAP、山下智久ほか)への楽曲提供、アレンジプロデュースなど幅広く活動中。2014年には自身初となるBEST盤をリリースし、大橋トリオ第一章の区切りをつけ、翌年には更に音楽的な冒険をしたアルバム「PARODY」で自らの新境地を見いだす。この作品は俳優の齋藤工がMUSIC VIDEOを手掛けた事でも大きな反響を呼んだ。6月には初のライブアルバム「ohashiTrio & THE PRETAPORTERS 2014」をリリース予定。飽くなき音楽探求はまだまだ続く。

■アプリ概要
「AWA(アワ)」は、サイバーエージェントとエイベックス・グループの共同出資によるAWA株式会社が提供する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス。2015年5月にサービスの提供を開始し、配信楽曲数は3,000万曲超、著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約700万件におよぶ。2016年11月には、「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」を発表。楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、累計ダウンロード数は1000万ダウンロードを突破した(2016年11月12日時点)。2016年12月に発表された、Google Playの「ベスト オブ 2016」日本版では「ベストエンターテインメントアプリ」部門大賞を受賞し、名実ともに国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長している。

名称:「AWA(アワ)」 http://awa.fm/
推奨環境:<スマートフォン版>iOS 9.0以降、Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降
価格:Standardプラン(月額 税込960円)/ Freeプラン(月額 無料)
提供開始:2015年5月27日

URL
AWA:https://awa.fm/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ:https://awa.fm/download/
AWA最新情報:https://awa-official.themedia.jp/
AWA公式Twitter:https://twitter.com/awa_official?lang=ja

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AWA株式会社 >
  3. 大橋トリオが、ニューアルバム収録曲『摩天楼バタフライ』を「AWA」で先行配信!