『原作版 左ききのエレン』クラウドファンディング、総支援額3,350万円超えで漫画カテゴリ日本一へ。

支援者総数は1,200名を突破。ストレッチゴールである幻のエピソード「柳一、最後の日」の漫画化も決定しました。

デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバーナイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)が、漫画家/漫画原作者のかっぴーとともに2020年1月27日(月)正午にクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」上で立ち上げたプロジェクト「【舞台化記念】原作版『左ききのエレン』初の紙版単行本&「0巻」制作プロジェクト!」にて、支援総額3,350万円を突破し、漫画カテゴリにおいて支援額が国内最大となったことをご報告します。

 

 

1月27日に支援総額1,000万円を突破(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000027584.html)した後も勢いは衰えず、2月7日に2,000万円、2月10日に2,500万円を突破。そして、プロジェクト開始から19日目の本日、総支援者数1,221名、総支援額3,354万50円となりました。(2月14日13時20分時点)
※プロジェクト詳細: https://camp-fire.jp/projects/view/226474
 

 


本プロジェクトの総支援額が3,000万円を超えたことで、国内の漫画クラウドファンディングプロジェクトにおいて『進撃の巨人』(29,680,000円)、『呪術廻戦』(21,062,156円)のプロジェクトを押さえて日本で最も支援を集めたプロジェクト(※)となります。
(※)2011年以降、作品の作者が主体となったプロジェクト且つ主要クラウドファンディングサービスの50,140プロジェクトが対象、自社調べ

合わせて、支援総額が3,000万円を達成した際のストレッチゴールとして設定していた、作者・かっぴー自身が封印していた幻のエピソード「柳一、最後の日」の漫画化も決定。『左ききのエレン HYPE』の連載終了時までの公開を目指し、制作を進めます。
※ストレッチゴール詳細: https://camp-fire.jp/projects/226474/activities/116048

プロジェクト期間は3月3日(火)23時59分まで。最後までプロジェクトを盛り上げて参りますので、引き続き『左ききのエレン』を愛する皆さんからのご支援をお待ちしています。
※プロジェクト詳細: https://camp-fire.jp/projects/view/226474

<作者・かっぴーからのコメント>
「『左ききのエレン』という漫画は初期の頃から熱烈なファンは多いけど、世の中的に人気があるのか無いのか、よく分からないと思ってました。今回、支援額が漫画ジャンル日本一になったという事で、しばらくは機嫌良く漫画が描けると思います。本当に応援ありがとうございます」

<『原作版 左ききのエレン』Kindle11円セール開催中>
本日より2月28日(金)まで、Kindleストアにて『左ききのエレン』舞台化を記念して、『原作版 左ききのエレン』電子書籍の1〜9巻が各11円(税込)で購入できるキャンペーンが始まりました。『左ききのエレン』が盛り上がっているこの機会に、ぜひ一気読みしてみてください。
※Kindleページ: https://amzn.to/31QtrtQ

<『原作版 左ききのエレン』あらすじ>
天才になれなかった全ての人へ――。朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。もがき苦しむ日常の中で、高校時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた――。
※電子書籍版: https://amzn.to/2RtD1PK

<株式会社ナンバーナインについて>
2016年11月に創業した、「漫画でひとびとの人生を豊かにする。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信代行・確定申告代行・ECサポートをはじめ、デジタル領域で活躍する漫画家が、個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。
ホームページ: https://no9.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナンバーナイン >
  3. 『原作版 左ききのエレン』クラウドファンディング、総支援額3,350万円超えで漫画カテゴリ日本一へ。