給与即日払いサービス「Payme」、TISが提供準備中の「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」と連携に向けた検証を開始

給与のデジタルマネー解禁に向け、デジタルマネーでの即日払いを可能に

株式会社ペイミー(本社 東京都渋谷区、代表取締役 後藤道輝)が提供する給与即日払いサービス「Payme」と、TIS株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 桑野 徹)が提供準備を進めている「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」が連携に向けて検証を開始します。

給与即日払いサービス「Payme」は、20代を中心とした若い世代の急な資金ニーズに応えることが可能になるため、労働力が不足する企業の採用応募数・定着率の向上に寄与する福利厚生サービスとして支持を集めてきました。

TISは、2019年度内での解禁が見込まれる「給与デジタルマネー払い」の対応に向けて「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」の開発を進めています。

TISの「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」は、給与支給日に受け取ることができる金額を連携先のデジタルマネーへ仕分ける機能のご提供を予定していますが、Paymeとの連携により、給与支給日より前に「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」から提携先のデジタルマネーへの即日チャージが可能となります。

株式会社ペイミーは、今回の連携の検討に向け、実労働時間に基づく金額をデジタルマネーへ連携する仕組みに関する特許を出願しております。本連携のみならず、給与のデジタルマネー化をより便利に従業員の皆様にご利用いただけるよう、今後も様々な協業を促進してまいります。

■「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」について
「給与デジタルマネー払い」は、企業が従来の銀行口座ではなく、資金移動業者が提供するデジタルマネーに給与振込を行う仕組みです。これにより、デジタルマネーで給与受取をする従業員は、銀行から引き出した現金をデジタルマネーに変換する手間なくデジタルマネーを使っての買い物や送金などが可能になり、労働・給与受け取り・買い物とバラバラになっていた生活のバリューチェーンが集約されることとなります。TISでは、これに対応する「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」を中心としたエコシステムの構築を目指しています。

■給与即日払いサービス「Payme」についてhttps://payme.tokyo/
企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与の算出を行って即日払いを行うサービスです。シンプルでわかりやすいUI・UXを実現させ、飲食チェーン、人材派遣、小売、コールセンター、アミューズメント、物流など300社以上と契約。アルバイト労働力が不足する企業や20代を中心とした若い世代から支持を集めています。利用できる金額の上限は、その日までに働いた額の70%まで。この金額の範囲であれば、1,000円単位でいつでも即日払いを申請できます。

 
【両社概要】
TIS株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー
代表取締役会長兼社長:桑野 徹
設立:2008年4月(創業:1971年4月28日)
資本金:100億円
企業URL:https://www.tis.co.jp/

株式会社ペイミー
代表者:代表取締役 後藤 道輝
資本金:5億8,000万円
設立 :2017年7月
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト20階
サイト:https://corp.payme.tokyo/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ペイミー >
  3. 給与即日払いサービス「Payme」、TISが提供準備中の「給与デジタルマネー払いサービス(仮)」と連携に向けた検証を開始