「SpaceCore(スペース・コア)」、横浜市住宅供給公社と連携し、 既存物件のスマートホーム化に関する実証実験開始

株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小暮学、以下アクセルラボ)は、2021年1月13日から横浜市住宅供給公社(本社:横浜市神奈川区、理事長:二宮智美)の管理するオクトス市ケ尾(神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町)でのスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」を利用した既存物件のスマートホーム化の実証実験を開始いたしました。
 本実証実験は業種や企業規模の枠組みを超えて、IoTビジネスを目指すプレーヤーの「連携」を実践する「I・TOP横浜」における「新技術による快適な住まいづくり」の一環として行われます。
◆SpaceCore(スペース・コア)とは
 


URL:https://www.space-core.jp

「SpaceCore(スペース・コア)」は、不動産会社やハウスメーカー等の住宅・不動産事業者(以下、事業者)と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォームです。2019年8月より提供を開始以来、賃貸マンション・新築戸建て・民泊等、約16,500※戸に導入されております。ホームIoT製品を設置し、専用アプリで家電製品や住宅設備が連動するオートメーション化や遠隔操作可能になる「スマートホーム機能」、物件のオーナーや居住者との契約事や日々のコミュニケーションが円滑におこなえる「リレーション機能」、住んでいる地域に関するさまざまな生活サービスをユーザーが利用できる「生活サービス機能」を備えています。これらの機能を一元化し、事業者と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリとして提供しています。
※2020年12月時点

◆実証実験の概要に関して
期間:2021年1月13日〜2021年3月20日(予定)
対象:オクトス市ケ尾内15戸
内容:①設置及び導入サービスの内容・評価の収集
         ②スマートロックを利用した施錠・解錠操作の利便性及び安全性の向上の体験
         ③スマートフォンなどを用いて遠隔操作など実施し、IoTを体験
         ④生活に適した家電操作をシーン設定に拠ってホームオートメーションを体験

◆オクトス市ケ尾に関して


◆実証実験で設置したスマートホーム機器
この度の実証実験では、以下の7種類のスマートホーム機器とスマートスピーカーを設置しております。


今回設置した機器により、入居者は下記のようなスマートライフを体感することが可能です。
①スマートロックによる玄関鍵の解錠・施錠
②CUBE Clicker、スマートスピーカー、スマートフォンによる家電・設備のオートメーション
③スマートフォンによる住居内の家電・設備の遠隔操作

◆実証実験の背景と目的
テレワークをはじめとした新たなライフスタイルが定着しつつある中で、在宅時間の増加をはじめとする新しい生活様式に対応した住宅が求められております。この度、横浜市が横浜市住宅供給公社と連携して取り組んでいる「I・TOP横浜ラボ」の快適な住まいづくりのための実証実験において、既存住宅での設置・設定ノウハウ蓄積及びスマートホームの利用状況や評価によるUI・UXの改善を目的として実施しております。

 SpaceCoreでは、今後も新築物件・既存物件、マンション・戸建てに限らず、さまざまな空間に価値を提供し、より「快適」で「便利」な住空間作りをサポートしてまいります。

◆株式会社ACCEL LAB 会社概要
本社   :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者  :代表取締役 小暮 学
設立   :2017年7月
URL   :https://accel-lab.com
事業   :SpaceCoreの開発・販売(https://www.space-core.jp
      WEBメディア運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクセルラボ >
  3. 「SpaceCore(スペース・コア)」、横浜市住宅供給公社と連携し、 既存物件のスマートホーム化に関する実証実験開始