クラウドシエンが”ワクワクする仕事を、行政と「ローカルハブ」”をリリース

繋がりでしか得られなかった行政とのお仕事情報をわかりやすくキャッチできる官民連携プラットフォーム

行政サービスのDX推進を手掛ける株式会社クラウドシエン(本社:広島県広島市、代表取締役:神原翔吾)は、今まで繋がりでしか得られなかった行政とのお仕事情報をわかりやすくキャッチできる「ローカルハブ」(事業開発者:佐々木大地)を2022年05月29日(日)にリリースいたしました。すでに40以上の自治体に導入しており、今後も積極的に自治体との連携を推進していきます。
ローカルハブHP:https://localhub.jp/

■ ローカルハブの3つの特徴

1.簡単に事業者と自治体をマッチング
地域活性化に関心がある民間事業者と地域活性化を積極的に行っていきたい自治体のマッチングが可能です。

2.幅広い案件の掲載
「実証実験」「民間提案制度」「サウンディング」「企業誘致」「事業建て付け/計画策定」「地域活性化起業人」など、幅広い案件があり、テーマにあった公的機関案件とのマッチングが可能です。

3.わかりやすい案件のビジュアル
パッと見てわかりやすくワクワクするような案件が多くあります。感覚的に案件のキャッチアップができるとともに、具体的な案件の詳細を見ることが可能です。

■ ローカルハブリリースの背景

日本国内では、人口減少や高齢化による地方都市の社会経済の維持や活性化が喫緊の課題となっています。この課題を解決するため内閣府においても官民連携事業を推進しています。

行政や自治体から民間企業への発注金額は、年間およそ22兆円にものぼることから、様々な業界において、自治体とのビジネスが注目され、様々な業界で新たな販路として自治体(BtoG)を開拓する事例も増えています。

​「民間企業も地方自治体もニーズはマッチしているのに・・・」しかし現場では、

自治体:「官民連携推進はしたいが、どうすればいいかイマイチわからない」
民間企業:「新たな販路拡大はしたいが、自治体への営業はハードルが高そうでそもそも検討もしていない」


ということが起きています。

官民の互いのニーズはマッチしているのに、思うように官民連携を推進しきれていない。わたしたちは、その現状を打破するため「ローカルハブ」のリリースに至りました。

■ ローカルハブとは?

ローカルハブとは、次世代の官民共創プラットフォームです。

  • 実証実験
  • 民間提案制度
  • 地域活性化起業人
  • ショートリスト/ロングリスト
  • 事業建て付け前/計画策定前 etc.
など行政とお仕事するにあたって利用価値が高い情報を、わかりやすくキャッチし、行政とコミュニケーションが取れるプラットフォームです。最大の特徴は、実証実験・民間提案制度などの各種案件に対し、「提案するボタン」によりオンライン申請(電子申請)が可能です。

また、民間企業の登録時においては、Gbizinfoより取得した法人オープンデータと照合し、実在する企業であるかの照会をかけています。今後、クラウドシエンでは、本取り組みを皮切りに官民のさまざまな行政手続きにおいて、電子申請で完結するプラットフォームへの成長を目指しています。

STEP1 まずは無料登録
STEP2 気になる案件を選択
STEP3 ボタンクリックで準備OK

プラットフォーム上では、簡単に、案件の確認、「提案するボタン」から自治体への提案のアクションを行うことが可能です。事業者自身で提案することが不安な場合は、元行政職員・行政営業コンシェルジュのオンライン相談で成約率が上がる方法や事業費の財源、エントリーすべき案件等、上手なローカルハブ活用方法が相談できます。

■ 充実のお役立ち情報コンテンツ
 

分からないことだらけの自治体営業の業界、間違えたアプローチをしてしまう人が多い業界の中で、充実のお役立ち情報コンテンツ(https://localhub.jp/guide)で、正しい攻略法を楽しく・わかりやすくお伝えします。自治体営業を行なってみたいけれどわからない、その一歩の背中を押させていただきます。

■ ローカルハブが目指すビジョン

ローカルハブは行政の広報力不足を解消し、行政情報の非対称性を解消することをビジョンとしています。将来的に、行政が民間事業者向けに発信する全ての情報を集約する情報インフラへと成長させます。

現状で既に40を超える行政機関に導入しておりますが、今後1年間で200の行政機関に導入いただけるように、自治体との連携を引き続き推進していきます。

■ クラウド経営支援サービス( https://crowdsien.com/
「クラウドシエン」は、AIによりマッチングの可能性の高い公的支援(助成金・補助金・融資)を自動選定し、経営を支援するクラウド経営支援サービスです。企業情報・目的・課題からマッチングできるほか、企業の経営活動を学習することで、リアルタイムな企業の動きに合わせた最適な公的支援を提案し、専門家(士業)への相談や申請支援の依頼が行えます。「自社で活用できる公的支援は何?」 そんな課題に答えるサービスです。

■ 会社概要
社名:株式会社クラウドシエン
代表取締役:神原 翔吾(かんばらしょうご)
所在地:(本社)広島県広島市中区宝町8-26 3F
会社設立:2018年5月29日
事業内容:クラウドシエンの企画・開発・運営
企業HP:https://crowdsien.co.jp/

■ 本プレスリリースに関する問い合わせ
<行政機関の方はこちら>
担当者名:佐々木
ご連絡先:sasaki.d@crowdsien.com

<民間企業、金融機関等の方はこちら>
担当者名:福島
ご連絡先:fukushima@crowdsien.com

■ プレスキット
https://crowdsien.com/?page_id=320
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Crowdsien inc. >
  3. クラウドシエンが”ワクワクする仕事を、行政と「ローカルハブ」”をリリース