アプラスが「AIを用いたクレジットカード不正検知スコアエンジン」を導入 ~セカンドサイトアナリティカがエンジン開発・提供、TISが運用監視~

株式会社アプラスは、セカンドサイトアナリティカ株式会社が開発・提供する「AI(機械学習モデル)を用いたクレジットカード不正検知スコアエンジン(REDエンジン)、以下:SXスコアエンジン」を2022年4月19日に導入いたしました。
2022年4月19日

株式会社アプラス
セカンドサイトアナリティカ株式会社
TIS株式会社

アプラスがAI(機械学習*1モデル)を用いたクレジットカード不正検知スコアエンジンを導入
~セカンドサイトアナリティカがエンジン開発・提供、TISが運用監視~

株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長 清水 哲朗、以下:アプラス)は、セカンドサイトアナリティカ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 高山 博和、以下:セカンドサイトアナリティカ)が開発・提供する「AI(機械学習モデル)を用いたクレジットカード不正検知スコアエンジン(REDエンジン)、以下:SXスコアエンジン」を2022年4月19日に導入いたしました。
アプラスでは、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 岡本 安史、以下:TIS)が構築し、保守・運用しているクレジットカードシステムを利用しており、そのオーソリ判定*2に今回のAI不正検知評価を取り込みます。SXスコアエンジンの運用監視はTISのグループ会社であるTISシステムサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 森 隆)が担うことで、24時間365日の運用を行います。
なお、本取り組みは2020年11月にTISとセカンドサイトアナリティカが開始した「資本・業務提携」*3による成果のひとつとなります。

近年、クレジットカードにおける不正な取引は、手口の巧妙化が進んでおります。特に非対面取引での不正被害は増加しており、その対策が喫緊の課題となっております。アプラスでは不正被害の抑制を図るべく、これまでルールベース*4の不正検知システムにて不正な取引による被害の防止に努めてまいりました。
この度、アプラスではルールベースの不正検知に加え、新たにスコアベース*5となるSXスコアエンジンを導入いたしました。これまでよりも高精度に不正な取引を見分けることが出来るようになるもので、不正被害の大幅な抑制を図ることを目的としております。また、従来よりも利用阻害(お客さまご本人による真正なご利用に対する取引の保留)の低減も期待でき、クレジットカード利用におけるお客さま満足度の向上にも繋げていくことができるものと考えております。

アプラスは今後もお客さまに安心してクレジットカードのご利用がいただけるようセカンドサイトアナリティカ及びTISと協力し、クレジットカードにおける不正な取引の抑制を図るべくあらゆる対策に引き続き取り組んでまいります。

【SXスコアエンジンの特長】
・予測モデルの構築については、統計・機械学習技術を用いて複数モデルを構築・合成しました。12種のアルゴリズムで機械に学習させ、その中で優良な複数モデルを組み合わせることで更に性能が向上しています。
・お客さまの過去のクレジットカード利用状況や多くの特徴量*6を組み合わせて不自然な取引を検出しております。従来のルールベースの不正検知では捉えきれない不正な取引に対して効果があります。
・SXスコアエンジンを導入しましても、不正検知システムのレスポンスは現行の設計範囲に収まっており、変わりありません。

*1 機械学習:AI(人工知能)の手法の1つ。大量な学習データから、法則・パターンを見出すこと。
*2 オーソリ判定:オーソリゼーション判定の略。お客さまがクレジットカードをカード加盟店でご利用した際、加盟店からクレジットカード会社に対して、そのクレジットカードが利用可能であるかどうかの確認があり、クレジットカード会社がその判定をすること。
*3 2020年11月19日発表「TIS、金融領域のAI/データ分析に強みを持つセカンドサイトと資本・業務提携」
*4 ルールベース:人によって作られた判定ルール。端的に例えると、○×ルール。
*5 スコアベース:判定ルール結果を点数化したもの。
*6 特徴量:対象の特徴を数値化したもの。機械学習による予測精度向上のためには、適切な特徴量の取捨選択が重要となります。


■株式会社アプラスについて
アプラスは、新生銀行グループが展開する消費者向けファイナンスにおける主要な子会社で、クレジットカード事業、ショッピングクレジット事業、ペイメント事業などを展開しています。アプラスでは、中長期ビジョンである「グループの融合により革新的金融サービスを提供し、リーンなオペレーションと卓越した生産性・効率性を実現する」を目指し、中期経営戦略において「価値共創による成長追求と経営資源の最適活用による提供価値の最大化」を基本方針とし、さらなる成長を目指しております。
https://www.aplus.co.jp/

■セカンドサイトアナリティカ株式会社について
セカンドサイトアナリティカは、AI の核となるディープラーニングを含む機械学習技術を有し、様々な業種・分野に対して、アナリティクス・コンサルティングサービスとAI プロダクトを提供しているベンチャー企業です。特に金融・決済系のAI/データ利活用ビジネスにおいては、不正検知モデルや与信モデル、ターゲティングモデルの構築・導入など、多くの実績と知見があります
https://www.sxi.co.jp/

■TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。
https://www.tis.co.jp/
以 上

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社アプラス 総合管理部(企業戦略)
Aplus_PR@mail.aplus.co.jp

セカンドサイトアナリティカ株式会社 管理本部
TEL:03-4405-9914
press@sxi.co.jp

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232
tis_pr@ml.tis.co.jp


PDFファイルのダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d34194-20220415-5fb6a698dfcae619d48aafbf7aa1fbcd.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セカンドサイトアナリティカ株式会社 >
  3. アプラスが「AIを用いたクレジットカード不正検知スコアエンジン」を導入 ~セカンドサイトアナリティカがエンジン開発・提供、TISが運用監視~