高度AI技術者を目指す専門実践教育訓練給付金対象講座の受付開始

受講者のレベル別に選べる3講座、JDLAのE資格対応

 スキルアップAI株式会社(以下スキルアップAI、東京都千代田区神田三崎町3丁目3-20 VORT水道橋Ⅱ 5F、代表取締役 田原 眞一)は、本日より、専門実践教育訓練給付金対象3講座の受付を開始いたしました。該当の3講座はいずれも一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が実施するE資格試験に対応し、受講者のレベルに応じた講座を選択できるようになっています。

 

 
  • 専門実践教育訓練給付金対象講座
講座名:0からE資格を目指すディープラーニング講座
講座のポイント
 AIの前提知識0の方でも訓練を通して高度なディープラーニングの技術を身に着け、その証明としてE資格の取得を目指す講座です。G検定に対応した基礎的な内容からカリキュラムに沿って順番に受講していくことができます。

 

講座名:E資格を目指す機械学習・ディープラーニング講座
講座のポイント
 AIについての基礎的な知識がある方が、ディープラーニングで重要なアルゴリズムを学べる講座を体系的に受講し、現場ですぐに実践できる応用力や実装スキルを身に着けていく講座です。

 

講座名:AI-100とE資格対応 Azureで学ぶAIソリューション実践講座
講座のポイント
 E資格に対応する知識や技術を身に着けることに加え、AIによるソリューションを提供するための要件分析や既存サービスと組み合わせた最適なAIの設計を行えるようになり、ビジネス価値を創出できる人材を目指す講座です。

※講座開始はいずれも2021年4月1日。
※講座ごとの訓練期間や助成額などの詳細はウェブサイトよりご確認ください。
 https://www.skillupai.com/subsidy-seminar/
 

  • 専門実践教育訓練給付制度とは

 上記3講座は経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称:Re:スキル講座)に認定され、厚生労働省認定の「教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)講座」に指定された講座です。「専門実践教育訓練給付制度」は、一定の要件を満たすことで料金の50~70%が助成される制度です。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スキルアップAI株式会社 >
  3. 高度AI技術者を目指す専門実践教育訓練給付金対象講座の受付開始