障がい福祉専用eラーニングの新コンテンツ!「就労アセスメントの必要性と具体的な計画の作り方」

株式会社Lean on Me(リーンオンミー)は、障がい福祉専用eラーニング「Special Learning(スペシャルラーニング)」に、新たな研修コンテンツをアップしました。

インクルTech※(インクルテック)で社会課題を解決する「株式会社Lean on Me」(リーンオンミー、本社:大阪府高槻市代表取締役:志村駿介)は、障がい福祉に関わる方を対象に提供している、障がい福祉専用eラーニング
「Special Learning(スペシャルラーニング)」に、新たな研修コンテンツをアップしました。
※インクルTechとは、インクルージョン(Inclusion)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、SDGsに関心が高まる今、ソーシャルな課題の中でも、多様性の包摂を実現するテクノロジーを意味しております。

今回アップしたのは、「就労アセスメントの必要性と具体的な計画の作り方」と題するコンテンツ(全18本)です。講師は北摂杉の子会ジョブジョイントおおさか 星明聡志 所長です。

障がいのある方の就労を支援する上で、
その方の環境や背景に意識を持ち、「希望」や「目標」を確認し、
それを達成するために必要な支援計画を考える…それが「アセスメントシート」です。
就労支援に携わる職員にとっては、『支援の方向性』を決める大切な指針であり、
状況を可視化・整理することで、障がいではなく「その人」を見ることにも繋がります。

とは言え、
“どのように情報を整理し、どう目標を設定するのか…?”
内容やプロセスが形骸化してしまう場合もある中、
アセスメントとは、その人のことを良く知ることであり、良いところ探しである」と、
その大切さを説く、ジョブジョイント大阪の星明聡志 所長が具体的な活用方法を解説します。

例えば、
  • ご本人の情報収集をする上で、具体的にどのような質問をすべきなのか?
  • アセスメントの際の「行動観察」では、何を見たらいいのか
  • 本人の想いはどこにあるのか?適性や適職は?   など

 障がいのある方を、社会や仕事とつなげる、あるいは地域とつなげる
その橋渡しや通訳という役割を担うことになる就労支援において、
ご本人の想いに寄り添ったアセスメント」の理解と実践に、是非、お役立てください。

新コンテンツのPR動画をYouTubeでご覧いただけます。
 

 

◆新コンテンツご担当  
 北摂杉の子会ジョブジョイントおおさか 所長 星明聡志 さん

 

福祉の仕事に携わり約20年の星明さんは、大阪・十三と高槻市にある就労支援事業「ジョブジョイントおおさか」の所長。更には、全国就労移行支援事業所連絡協議会、日本職業リハビリテーション学会の運営理事としても活躍されるなど、福祉の世界、特に就労支援の分野で、精力的に取り組まれています。
「私たち福祉の仕事は、就職をゴールとする就労支援ではなく、一人ひとりの生活の質がより良くなり、その人らしく地域で生活できることが最終ゴールです」と語ります。
理念の土台でもある「就労アセスメント」について、

実際に活用されているシートや記入例も含めて、ご解説頂きました。

◆新コンテンツより
◇多面的なアセスメント(コンテンツNo.7) 


◇「行動観察」事業所や企業でどこを見る?(コンテンツNo.8)


 ★サンプル無料配信中!! (↓こちらより)
 


◆新コンテンツの目次(全18本)

  1. 挨拶と自己紹介
  2. そもそも「アセスメント」とは?
  3. ベストなジョブマッチング
  4. 障がいのある人のアセスメント
  5. インテーク面談」と家族インタビュー
  6. フォーマル・インフォーマルのアセスメント
  7. 多面的なアセスメント
  8. 行動観察」事業所や企業でどこを見る?
  9.  目標を見据えた「現状整理
  10. アセスメントシートの書き方
  11. 就労サポートカードの活用方法
  12. 「自己理解支援」の進め方
  13. ジョブマッチングシートの書き方
  14. 環境との相互作用(1)〜強み弱み
  15. 環境との相互作用(2) 〜理想技術
  16. ニーズアセスメントとは
  17. アセスメントの有効的な活用法
  18. まとめに代えて伝えたいこと
​◆こちらのプレス内容は、以下でもご確認いただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d38466-20211013-8beb34de8330dcc61c1a585c48089922.pdf

■「Special Learning」について
社会福祉法人の職員様や、障がいのある方を積極的に雇用する一般企業の社員様を対象に、障がい者を支援するうえで必要となる知識をインターネット動画で学ぶことができるオンライン研修サービスです。日常の支援でつまずいた時、自分がいま必要とする知識(コンテンツ)を自ら選択して学ぶ(視聴する)ことで、実際に適切な支援をおこなうことができるようにサポートします。現在45都道府県1400以上の事業所で導入いただき、ユーザー数は37,000人を超えています。
 

■株式会社リーンオンミーについて
社名     :株式会社Lean on Me
所在地  :
(高槻本社)〒569-0093 大阪府高槻市萩之庄5-1-1-502
(大阪支社)〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1丁目9番20号 新中島ビル8階GH
(東京支社)〒100-0004東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12階
TEL    :072-648-4438
設立      :2014年4月1日
資本金 :2億1,130万円(準備金を含む)
代表者 :志村 駿介
URL    :https://leanonme.co.jp
事業内容:
 障がい福祉専用eラーニング研修「Special Learning」
 知的障がい者テニス教室「Special Tennis」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lean on Me >
  3. 障がい福祉専用eラーニングの新コンテンツ!「就労アセスメントの必要性と具体的な計画の作り方」