ティアフォー 、デジタルツイン指向の自動運転シミュレーターをオープンソース公開

株式会社ティアフォー(以下「ティアフォー」)は、本日、安全な自動運転システムを効率的に開発することを目的としたデジタルツイン指向の自動運転シミュレーター(Scene Simulator for Autoware - AWSIM)をオープンソースで公開しました。この自動運転シミュレーターは、自動運転ソフトウェアの評価・検証を実現するために、3次元モデル地図をベースに仮想世界を構築し、リアルな物理モデルを用いたセンサーデータモデルと組み合わせることで、現実世界の運転および交通環境をシミュレーションします。また、今後、機械学習向けに学習用合成データを自動生成することで、機械学習を活用した物体検出や環境認識の学習および検証コストを大幅に低減できるようになります。


ティアフォーのWeb.Auto*は自動運転シミュレーション、CI/CDデータパイプライン、データ管理、運行管理、遠隔監視を実現するクラウドネイティブかつエッジ集約型のDevOpsプラットフォームです。Web.Autoがこれまで実施してきた自動運転ソフトウェアの検証は、シナリオベースの運転および交通環境シミュレーション、ならびに走行ログを用いた現実事象の再現テストが中心でした。今回発表したデジタルツイン指向のエンドツーエンドシミュレーションがWeb.Autoのプラットフォームに加わることで、より安全な自動運転を実現するための目的に応じた効率的な検証ができるようになりました。
Web.Autoは世界で最も包括的で広く採用されているアマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウドプラットフォームを採用しています。また、デジタルツイン指向の自動運転シミュレーターはリアルタイム3Dプラットフォームで世界をリードするUnityの技術を採用しています。
*https://web.auto/ja/

【関係者コメント】
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 堀田徹哉
「この度は、ティアフォー様とパートナーシップを締結し、自動運転の実現に向けて、3Dシミュレーターを共同開発できることを大変嬉しく思います。今では自動運転の開発ではデジタルツイン環境でのシミュレーションが欠かせないものとなっております。今回のパートナーシップを通じて、ティアフォー様とともにより高度な自動運転の実現に貢献していければ幸いです。」

The Autoware Foundation(AWF)Board of Director Yang Zhang
「AWFは、AWSIMのオープンソースとしてのリリースをとても大きなコントリビューションとして歓迎します。このAWSIMが標準のエンドツーエンドデジタルツインシミュレータとして活用されていくことをとても楽しみにしていますし、AWFの主要メンバーであるティアフォーの揺るぎないコミットメントにとても感謝しています。」

ティアフォー 創業者兼CTO 加藤真平
「ティアフォーのミッションは、インテリジェントな車両を通じて価値を共創することです。この目標を正しい方法で達成するために、私たちは「The Art of Open Source - Reimagine Intelligent Vehicles」というビジョンを共有し、できるだけ多くの組織や個人が私たちのミッションに参加できるような健全なエコシステムの確立を目指しています。 今回発表したデジタルツイン指向の自動運転シミュレーターも、オープンソースで公開することで、私たちのビジョンを実現し、市場での責任を果たす製品の1つであると考えています。」

アマゾン ウェブ サービス(AWS)ジャパン 執行役員 技術統括本部長 巨勢泰宏
「自動車業界のお客様のクラウドを活用した先進運転支援システム(ADAS)へのお取り組みを歓迎いたします。AWS は、AWS パートナーであるティアフォー様が Web.Auto を通してこのようなお客様を支援するために必要となるクラウドのテクノロジーを提供しています。オープンソースとして公開されているデジタルツイン指向の自動運転シミュレータは、自動運転開発を行うお客様が、より現実世界に即した環境でのシミュレーション・テストを行うことを可能にします。このシミュレータが Web.Auto 経由で提供されることにより、ADAS および自動運転技術の発展が促進されることを嬉しく思います。」


ティアフォーについて
TIER IV(ティアフォー)は、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェア「Autoware」*の開発を主導し、インテリジェントビークル商業化のためのフルスタックソリューションを提供する企業です。同社のソリューションは、Autowareで定義された自動運転キット(ADK:Autonomous Driving Kit)をベースとし、複数のプラットフォームで実行されます。「The Autoware Foundation」の設立メンバーでもあるティアフォーは、自動運転技術へのオープンアクセスを提供することで、個人から組織まで、すべての人が持続可能なインテリジェントビークルと自動運転技術のエコシステムに参画・貢献し、よりよい社会を目指していけるよう取り組みを進めています。
*AutowareはThe Autoware Foundationの登録商標です。

━━会社概要━━
【社名】株式会社ティアフォー
【所在地】東京都品川区
【URL】https://www.tier4.jp/
【設立年月】2015年12月
【主な事業内容】
・自動運転プラットフォーム開発事業
・自動運転ウェブサービス開発事業
・自動運転システム開発キット販売事業
・自動運転技術の教育事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ティアフォー >
  3. ティアフォー 、デジタルツイン指向の自動運転シミュレーターをオープンソース公開