シーラカンス調査やラブカの標本など、歴史が詰まった貴重な資料を大公開 アクアマリンふくしま、開館20周年企画展を実施 

20周年を記念したロゴマーク入りグッズも販売中

子どもの知的好奇心を育てる「体験型水族館」アクアマリンふくしま(福島県いわき市)では、開館20周年を記念して、 3つの企画展を実施します。20年に渡るシーラカンスの研究を基に生物多様性について紹介する企画展や、ラブカやサンマ など卵から育てることへの挑戦をまとめた展示、写真展「アクアマリンふくしまと歩んだ20年」を実施いたします。
企画展会場を一新!20周年を記念して館内各所で大型企画展開催
  • 開館20周年記念企画展①「シーラカンスからメダカまで」 ~さまざまな生き物が暮らす水の惑星「地球」~

展示期間:2020年7月15日(水)~終期未定
概要  :アクアマリンふくしまは、2000年の開館当初よりシーラカンスの調査研究を行ってきました。この企画展は、長い地球の歴史の中で生き残ってきたシーラカンスをはじめ、様々な魚の多様性への理解を深める展示です。特定の場所でしか見ることのできない種(固有種)や、地球上の広範囲に分布する種(広域分布種)などを実際に生き物を展示しながら紹介します。また、観賞用のメダカなどの新しい品種、本来の生態系を脅かす外来種など、人の手によって生み出される多様性の変化なども紹介します。
展示水槽:22基
展示生物:ミナミメダカ、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ、アフリカランプアイ、ミツボシクロスズメダイ 他
場所      :アクアマリンふくしま本館1階 マリンホール
  • 開館20周年記念企画展② 「卵から育てる水族館」

展示期間:2020年8月1日(土)~11月3日(火・祝)
概要  :世界で初めて累代飼育に成功したサンマを始め、アクアマリンふくしまでは、様々な魚を卵から育てることに挑戦してきました。この企画展ではこれまでに卵からの飼育に成功し「繁殖賞」を受賞し た魚の紹介のほか、人工保育日数世界最長を記録した深海ザメ「ラブカ」などの飼育の取り組みについて紹介します。
展示生物:ナメダンゴの稚魚、アマミイシモチ他
標本展示:ラブカの成魚と胎仔、ヤエギス等
場所      :アクアマリンふくしま本館1階 ホワイエ
繁殖賞とは:日本動物園水族館協会に加盟する園館で、飼育動物の繁殖に成功し、かつ、それが日本で最初であったものに与えられる賞。

*上記2つの企画展の展示生物は変更になる場合があります。
  • 開館20周年記念企画展③ 「アクアマリンふくしまと歩んだ20年」

展示期間 :2020年7月15日(水)~ 10月11日(日)

概要   :アクアマリンふくしまで撮影した写真と
その写真に関するエピソードを3月20日(金・祝)~5月31日(日)の期間中、一般の方から募集しました。今回入賞作品を開館記念日にあわせて館内で展示します。
応募総数 :159点
作品展示   :入賞作品20点展示
*入賞作品については、7月15日(水)に公表します。
場所       :アクアマリンふくしま本館2階 スロープ

アクアマリンふくしま20周年特別グッズを販売中!
アクアマリンふくしまでは20周年を記念して、20周年のロゴマークが入った特別グッズをデザインしました。アクアマリンショップ「JOHMON(じょうもん)」 にて、マイクロファイバークロスで、吸水性に優れた「20周年ポケットミニハンカチ」などを販売しております。


20周年ポストカード(上段左)  価格:130円
20周年ホロコインマグネット(上段中央)  価格:420円
20周年パネルキーホルダー(右)  価格:420
20周年パネルマグネット(下段左)  価格:460円
20周年缶バッジ(下段左から2つ目)  価格:250円
20周年ホロパネルピンズ(下段左から3つ目)  価格:420円

                                       ※価格はすべて税込みです

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクアマリンふくしま >
  3. シーラカンス調査やラブカの標本など、歴史が詰まった貴重な資料を大公開 アクアマリンふくしま、開館20周年企画展を実施