関西国際空港 医薬品の航空輸送において保冷ボックス「va-Q-one43(バキュワン43)」による保冷梱包サービスを開始

 関西エアポート株式会社は2019年11月1日(金)より、医薬品の航空輸送において、バキュテック社の保冷ボックス「va-Q-one43 (バキュワン43)」による保冷梱包サービスを開始することをお知らせいたします。
 
 関西国際空港では、2010年10月に国内の空港では初となる医薬品専用共同定温庫「KIX‐Medica(キックスメディカ)」の運用を開始し、空港内での医薬品保管において完全な温度管理を実施しております。
 va-Q-one43は、関西エアポートグループの空港ハンドリング業務を担うCKTS株式会社が導入いたします。同資材にて輸出時に輸出空港で梱包することにより、倉庫内だけでなく、輸送時の温度維持時間を最大限延ばすことができ、より安全な医薬品輸送が可能になります。
 
 関西エアポートグループは、今後も最新技術やサービスを積極的に導入していくことで、事業者が快適で使いやすい空港づくりに努めてまいります。

  • 【va-Q-one43 (バキュワン43)について】
外装素材:真空断熱パネル(VIP)と相変化材(PCM)を組合せた高性能シングルユース定温輸送ボックス
特徴:使用コストを低く抑えられ、温度管理を必要とする少量の貨物を確実に輸送するのに最適
有効搭載量:43L
外寸 (長さ x 幅 x 高さ):22.6 x 18.3 x 18.9 inch(57.4 x 46.5 x 48.0cm)
内寸 (長さ x 幅 x 高さ):16.5 x 12.6 x 12.6 inch(41.9 x 32.0 x 32.0cm)
設定温度帯:+2~8℃
定温持続時間:96時間以上 *外気温が+5~30℃の場合
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 関西国際空港 医薬品の航空輸送において保冷ボックス「va-Q-one43(バキュワン43)」による保冷梱包サービスを開始