伍代夏子特別防犯支援官、飯豊まりえ特別防犯支援官が特殊詐欺被害防止に向けた広報啓発用ステッカーとマスクで注意喚起!埼玉県警察本部を訪れ、ステッカーとマスクを交付

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と特殊詐欺被害を防止するための広報啓発活動を行っています。
 この度、伍代夏子特別防犯支援官、飯豊まりえ特別防犯支援官が、埼玉県警察本部を訪れ、広報啓発用ステッカーと貼付用マスクを交付しました。この啓発品は、全国47都道府県警察に配布され、警察職員等が着用するマスクに貼り付けるなどすることで、社会に広く特殊詐欺被害防止に向けた注意喚起を行うものです。
(※本事業は、厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」と共同で行っています。)

■伍代夏子特別防犯支援官 『様々な機会を通じて社会に広く特殊詐欺被害防止に向けた注意喚起を』
 伍代夏子特別防犯支援官は、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、市民に直接呼びかける形での広報啓発を行う機会が減少しています。このような現状を受け、様々な機会を通じて社会に広く特殊詐欺被害防止に向けた注意喚起を行えるよう、広報啓発用ステッカーを作成し、マスクと共にお持ちしました。」と説明されました。説明後、伍代支援官より埼玉県警察幹部へステッカーとマスクが交付されました。記者から、特別防犯支援官になった経緯を問われると、「特殊詐欺の被害に遭われる(高齢の)方々が、私のファン層と被っていました。コツコツと貯めたお金が、悪質な行為により騙し取られてしまうことに憤りを感じており、微力ながらも自身のコンサート等で被害に遭わないようにと呼びかけていました。そんな中、このプロジェクトを知ったことをきっかけに、啓発活動に協力したいと思いました。」と語られました。

■飯豊まりえ特別防犯支援官 『SOS47も今できる形での広報啓発を引き続き行う』
 飯豊まりえ特別防犯支援官は、交付にあたり「マスクにステッカーを貼って、(警察官に)職務に当たっていただくなどして、市民の方々に注意喚起していただきたいと思います。私たちSOS47も今できる形での広報啓発を引き続き行い、特殊詐欺被害防止に向けた活動を進めていきたいと思います。」と述べました。また、記者からの取材では、「特殊詐欺は、高齢者だけではなく若い方々も被害に遭うことがあります。私と同じように、若い世代に向けても発信することが被害防止に繋がるのではないかと思い、このプロジェクトに参加させていただきました。」とプロジェクトの参加経緯を説明されました。


■実施概要
催事名 :「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム 広報啓発用ステッカー・マスク
      交付行事
実施日 :2020年5月27日(水)
実施会場:埼玉県警察本部
実施者 :「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム
      特別防犯支援官 伍代 夏子 氏
      特別防犯支援官 飯豊 まりえ 氏
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム >
  3. 伍代夏子特別防犯支援官、飯豊まりえ特別防犯支援官が特殊詐欺被害防止に向けた広報啓発用ステッカーとマスクで注意喚起!埼玉県警察本部を訪れ、ステッカーとマスクを交付