販売用不動産(信託受益権)売却のお知らせ

 霞ヶ関キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:河本幸士郎、以下、「当社」といいます。)は、本日開催の取締役会において、当社がソーシング及び企画立案を行った千葉県船橋市の物流施設開発用地の売却について決議し、Brookfield Asset Management Inc.(以下「ブルックフィールド社」といいます。)が運用するグローバルプライベート不動産ファンドが千葉県船橋市に冷凍冷蔵倉庫の開発(以下「本案件」といいます。)を目的に組成した船橋ロジスティクスデベロップメント特定目的会社(以下「TMK」といいます。)と信託受益権売買契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。なお、本案件は、ブルックフィールド社の本邦初となる不動産投資案件になります。
 また、当社は、別途締結予定のアセットマネジメント契約に基づき、本案件のアセットマネージャー及び開発期間中におけるプロジェクトマネージャーに就任する予定です。
1.  本取引の背景と目的
 当社は、EC市場の拡大による物流施設需要の高まりや、2030年のフロン規制に向けた冷凍冷蔵倉庫の設備投資、冷凍食品の消費増加による冷凍冷蔵倉庫の需要拡大などを受け、物流施設開発に参入しました。
 当社は、主力事業である不動産コンサルティング事業において、「戦略的コンサルティング型デベロッパー」を標榜し、用地を取得し最適なプランを付けた後、開発パートナーに販売することでオフバランスすると同時に開発コンサルタントとして事業に携わる、独自のビジネスモデルを展開しております。本件についても、ビジネスモデルに則り、用地の売却と開発コンサルティングを行っていく予定です。

2. 物件の概要

 

3. 売却先の概要及び売却価格
 売却先であるTMKの詳細は、売却先との守秘義務契約に基づき、詳細の公表は控えさせていただきます。売却価格についても、同守秘義務契約に基づき、詳細の公表は控えさせていただきますが、売却価格は、適時開示基準である当社の直前連結会計年度(2020年8月期)における売上高の10%に相当する額以上であります。

4. ブルックフィールド社の概要
ブルックフィールド社は100年以上の歴史をもつオルタナティブ資産の所有者並びに運営者として良質な資産または事業に長期的な投資を行い、世界30か国以上において6,000億ドルを超える資産を運用しています。(www.brookfield.com)

5. スケジュール
決済予定日  2021年7月下旬

6. 今後の見通し
 上記開発用地の売上につきましては、2021年8月期連結業績予想に織り込み済です。なお、当社の会計基準により、売上計上は契約時点ではなく売買の決済時点となります。
 

■開発予定物件一覧

※延床面積は小数点以下を四捨五入しております。現在プランニング中の為、延床面積・スケジュールは、大まかな暫定の内容にて記載しております。

 

当社の物流施設ブランド『LOGI FLAG』専用ウェブサイトはこちら:https://logiflag.com/

【会社概要】
会 社 名:霞ヶ関キャピタル株式会社
設   立:2011年9月
代   表:代表取締役 河本 幸士郎
本   社:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目2番1号 霞が関コモンゲート 西館 22階
資 本 金:3,162,440千円(資本準備金含む) ※2021年2月28日時点
従 業 員 数:100名(連結グループ、役員含む)※2021年2月28日時点
主 な 事 業:不動産コンサルティング事業(物流施設開発、アパートメントホテル開発、保育園開発、
      海外投資)、自然エネルギー事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 霞ヶ関キャピタル株式会社 >
  3. 販売用不動産(信託受益権)売却のお知らせ