「おじさんたちは戻って来るよ!」人間との約束を信じ待ち続けたタロとジロなど15頭の犬たち。日本初の第一次南極犬ゾリ隊、奇跡の実話『南極犬物語〈新装版〉』刊行

「どうして連れて帰って来なかったんだ」日本中に悲しみの声があふれた。昭和32年、国民の期待を背負って南極に上陸した観測隊員たちは黙るしかなかった。鎖につながれたまま、南極大陸に残された犬たちの運命は…

株式会社ハート出版(本社:東京都豊島区池袋 代表取締役:日高裕明)は、かつて日本中を感動の嵐に包み込んだ実話『南極犬物語』を発売しました。ある年代以上の日本人なら誰もが知る実話を、なぜ今? との問いに「コロナ禍の巣ごもりの高齢者や、詳しくは知らないだろう子供たちにぜひ読んでほしい」と、新装版で刊行したとのことです。


高倉健主演の映画『南極物語』は昭和58年に公開された。平成23年には木村拓哉主演の連続テレビドラマ『南極大陸』も放映。ふたつの時代の大スターが起用され話題になるほど、南極観測隊と犬ゾリ隊の犬たちの話は、日本人の心を惹きつけてやまない。そこには第二次大戦後の日本復興を願う夢と情熱、人間と犬たちの心のドラマがあるからだろう。御代替わりで令和となった今にも、その思いは流れ続けているだろうか。


物語は北海道稚内で生まれた3匹の赤ちゃん犬から始まる。後に有名となるタロとジロ、そしてサブロだ。そう、タロとジロには弟がいたのだ。サブロも犬ゾリの訓練を受けていたが、病気で命を落としてしまう。
タロとジロは、先輩の犬たちといっしょに南極観測船「宗谷」に乗って南極へ行き、観測隊の困難なミッションのため、犬ゾリ隊の一員として大活躍する。そして、第一次観測隊と第二次観測隊が交代するときに、悲劇は起きた。

児童書なので犬たちが主役だが、人間の心の動きも見逃せない。また、物語だけでなく、欄外には「南極まめ知識」も載っていて、子供たちには科学や地理の知識も楽しめる。
 

令和の今、日本のシンボルタワーは東京スカイツリーだが、昭和は東京タワー。その東京タワーのふもとに、南極に置き去りにされた15頭のカラフト犬たちのブロンズ像が、東京タワーが完成した翌年の昭和34年に建てられました(現在は立川市の国立極地研究所に移設)。国立極地研究所も訪ねてみると、南極大陸と南極物語をより一層楽しめます(現在は新型コロナウイルス感染防止対策で、事前予約制で金曜日のみの開館)。

本書は『南極物語』が放映された2011年に刊行したハンカチ文庫『南極犬物語』のリサイズ新装版です。
 

 

・著者プロフィール

綾野まさる(あやの・まさる)
1944年、富山県生まれ。
67年、日本コロムビア入社。5年間のサラリーマン生活後、フリーのライターに。特にいのちの尊厳に焦点をあてたノンフィクション分野で執筆。
94年、第2回盲導犬サーブ記念文学賞受賞。主な作品に「いのちのあさがお」「いのちの作文」「帰ってきたジロー」「ほんとうのハチ公物語」「INORI」(いずれもハート出版)、「900回のありがとう」(ポプラ社)、「君をわすれない」(小学館)ほか、多数。日本児童文学者協会会員。


・書籍情報

書名:南極犬物語
著者:綾野まさる
仕様:A5判並製・152ページ
ISBN:978-4-8024-0109-8
発売:2020.12.07
本体:1,200円(税別)
発行:ハート出版
書籍URL:http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0109-8.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハート出版 >
  3. 「おじさんたちは戻って来るよ!」人間との約束を信じ待ち続けたタロとジロなど15頭の犬たち。日本初の第一次南極犬ゾリ隊、奇跡の実話『南極犬物語〈新装版〉』刊行