一般社団法人日本シングルマザー支援協会と一般社団法人りむすびが連携協定を締結

連携協定により、ひとり親と子どもが明るい未来を作れる社会を目指します。

一般社団法人日本シングルマザー支援協会(所在地:神奈川県横浜市・代表:江成道子・以下、当協会)は、令和3年12月に、共同養育支援団体である一般社団法人りむすび(所在地:東京都渋谷区・代表:しばはし聡子・以下、「りむすび」)と連携協定を締結いたしました。
これにより、双方の持つ得意分野における技術・資源を有効活用し、ひとり親の真の自立支援と子どもの明るい未来に寄与するため互いに協力をしていきます。
 


当協会は【お金を稼ぐ力】【共感しあえるコミュニティ】【再婚と言う幸せ】の3つの柱を実現し女性が子どもを育てながらも働きやすい社会を目指して活動をしています。
その活動の中で、シングルマザーや子連れ離婚を考える女性からの個別相談を毎年2000件近く受けています。
相談内容は多岐にわたり、面会交流を含めた子どもに関係する内容もあり、専門家の力を借りることもあります。

また、 「りむすび」は、 東京を拠点に全国において、 「離婚しても子どもにとって親はふたり」を理念とし、 面会交流や共同養育実践に向けたサポートをしています。
子連れ離婚で悩まれる夫側・妻側それぞれに対して、 離婚前の夫婦問題から離婚後の子育てに関する相談の対応をする中で、女性の経済的自立に関しても相談も多く受けてきました。

今回の連携協定締結により、双方の持つ得意分野における技術・資源を有効活用し、ひとり親の真の自立支援と子どもの明るい未来に寄与するため互いに協力をしていきます。

連携事項は、以下の通りです。

(1) 離婚前後に関わる子どもの面会交流のサポートに関すること
(2) 離婚前後に関する夫婦問題の課題解決サポートに関すること
(3) シングルマザー(離婚前も含む)の就労支援に関すること
(4) シングルマザー(離婚前も含む)の社会復帰教育に関すること
(5) 前各号に掲げるもののほかシングルマザー(離婚前も含む)や子ども達の諸課題の解決に関すること

当協会と「りむすび」が、互いの利点や得意分野を活かすことで、個々の事例だけでなく、支援員育成研修、企業研修等まで、より専門的な内容での対応が可能となります。
また、ひとり親家庭の生活の安定と子どもの健全な成長を図るためにも貢献できると考えます。

当協会は、今後も、ひとり親の自立支援と、ひとり親と子どもの明るく希望にあふれた未来につなげられるような様々な取り組みをしていきます。

■日本シングルマザー支援協会について
代表理事:江成道子
会員数:8500名(2021年11月時点)
事業内容:シングルマザー自立支援
女性起業支援
企業コンサルティング
各種研修事業
行政受託事業
地方移住支援
URL:https://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/


■一般社団法人りむすびについて
代表:しばはし 聡子
概要:別居・離婚後の子育てや相手方との関わりで悩む方の手助けをしたいという思いから2017年設立。
「離婚しても子どもにとって親はふたり」の理念のもとに、 子連れ離婚に伴う夫婦問題・離婚後の子育てに関する相談、 面会交流支援を行っています。
事業内容:離婚相談、夫婦カウンセリング、 話し合いによる離婚サポート、 面会交流サポート、 共同養育実践に向けた講座、 コミュニティ運営、 共同養育普及に向けた講演、 執筆 など
HP:https://www.rimusubi.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会 >
  3. 一般社団法人日本シングルマザー支援協会と一般社団法人りむすびが連携協定を締結