トヨタヴェルブリッツ、次世代スポーツ観戦アプリ「SpoLive」の導入を開始

ジャパンラグビー リーグワン所属のトヨタヴェルブリッツとSpoLive Interactive株式会社はトヨタヴェルブリッツの試合において、スポーツ観戦アプリ「SpoLive」の導入を開始することをお知らせいたします。

 

 

■導入の背景
新型コロナウイルスの影響を受け、従来のような現地での試合観戦や練習見学など直接選手とふれあい、応援を楽しんでいただく環境を整える事が難しい状況の中、トヨタヴェルブリッツではファンの方々と選手の距離を少しでも縮めるべく、現地で応援ができなくても、リモートでラグビー観戦を楽しんでいただけるよう「SpoLive」の導入を決定いたしました。

【トヨタヴェルブリッツ クラブ紹介】
1941年、トヨタ自動車工業ラグビー部として創設。2004年にトップリーグ参入。トヨタ自動車ヴェルブリッツとなる。チーム愛称である「VERBLITZ」はVERDE(=緑:イタリア語)とBLITZ(=稲妻、力強さ:ドイツ語)を合わせた名前であり、緑はトヨタ伝統のジャージカラー。 稲妻は日本ラグビー界の発展を祈り、常にトヨタが世界を驚愕させる先駆者、力強い風雲児である象徴を表し、チームマスコットであるライガーくんは有名な風神雷神の雷神をモチーフにしています。
今年で創部80周年を迎え、「ジャパンラグビー リーグワン」への参入を機に、「トヨタヴェルブリッツ」にチーム名称を変更。しかしフェアプレー、フォアザチーム、ネバーギブアップ、負け嫌い、報恩感謝、この5つの信念は決して曲げることなく、私たち新生トヨタヴェルブリッツは、力強く変化しながら、進み続けます。
https://sports.gazoo.com/verblitz/


■SpoLiveとは
スポーツ観戦をより楽しめるモバイルアプリ。試合中のリアルタイムな情報提供やそれに対する様々なバーチャル応援により、新たなスポーツ観戦体験を創出しています。試合をさらに楽しむための実況機能や、AIを活用したルールや選手の解説機能、一緒に試合を見ているファン・サポーターの方々同士やクラブチームとファン・サポーターで盛り上がることができる機能も備えています。

 



■SpoLiveアプリ概要
利用料    基本無料(アプリ内課金あり)
開発・運営   SpoLive Interactive株式会社
対応言語    日本語、英語
・公式サイト    https://spo.live/
・iOSアプリ: https://spo.live/r/ios
・Androidアプリ: https://spo.live/r/android
・公式Twitter    https://twitter.com/SpoLive_app

■SpoLive Interactive株式会社について
SpoLive Interactive株式会社はファンとアスリートやチームをデジタルの力で繋げ、世界中のスポーツチームをエンパワーメントすることで、人類により大きな感動を届けることを目指すスタートアップ企業です。
SpoLiveでは共に働く仲間を募集中です。詳しくはこちらをご確認下さい。
https://spo.live/careers

社名:SpoLive Interactive株式会社
本社:東京都千代田区平河町1-6-15
代表:岩田裕平
【沿革】
2020.10 設立
2020.11 スポーツ庁/SPORTS TECH TOKYO共催 INNOVATION LEAGUE 採択
2021.1   NTTドコモ・ベンチャーズ インキュベーションプログラム採択
2021.1   ラグビートップリーグとリモート応援におけるパートナー協定を締結
2021.2   INNOVATION LEAGUEにてブロードキャストプラットフォーマーに選定
2021.4   CIC Startup Pitch 優勝
2021.5   英国メディアQuinsにてBEST RUGBY GAME APPS OF 2021に選定
2021.9   TechCrunch Disrupt 2021にてInnovative Japanese Startupとして登壇
2021.10 2021年度グッドデザイン賞受賞
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SpoLive Interactive(スポライブ) >
  3. トヨタヴェルブリッツ、次世代スポーツ観戦アプリ「SpoLive」の導入を開始