品川区、「非核平和都市品川宣言」記念日に合わせて「非核平和パネル展」を開催

~原爆投下から約77年、戦争の悲惨さ・平和の大切さを伝える~

 

 「非核平和都市品川宣言」を行っている品川区は3月11日~3月28日、品川区役所本庁舎・第二庁舎3階連絡通路とスクエア荏原1階通路で戦争の悲惨さや平和の大切さを伝える「非核平和パネル展」を開催します。

「非核平和都市品川宣言」
https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kuseizyoho/kuseizyoho-siryo/kuseizyoho-siryo-youkososhinagawa/kuseizyoho-siryo-youkososhinagawa-hikakusengen/index.html
 

                                         「非核平和パネル展」過去開催時の様子

「非核平和都市品川宣言」と「非核平和パネル展」開催背景について
 品川区では、区民の恒久平和と核兵器廃絶の願いを全世界にアピールするとともにその実現に寄与することを内外に表明するため、1985(昭和60)年3月26日に「非核平和都市品川宣言」を行いました。

概要動画「あの悲劇を繰り返さないために…非核平和都市品川宣言」(2020年9月制作、別ウィンドウ表示)
https://www.youtube.com/watch?v=Ll0IRyFt0vk

 「非核平和都市品川宣言事業」としてこれまで、「中学生広島平和使節派遣」「青少年長崎平和使節派遣」により被爆地に中学生や青少年を派遣し、被爆者講話の聴講や式典への参列など区を代表して平和学習を実施しているほか、平和を象徴する花を植える「しながわ平和の花壇」、「平和の誓い像」「誓いの灯」など多くの事業を実施してきました。

        「中学生広島平和使節派遣」(左)とJR大井町駅前「しながわ平和の花壇」(右) 

    「平和の誓い像と植樹する区長たち」(左)と制定20周年記念「平和のモニュメント除幕式」(右)

       平和の花壇(西大井駅前)(左)と平和の誓い像(五反田文化センターのレプリカ)(右)

            

    平和のモニュメント(しながわ中央公園)(左)平和の灯からパラリンピック聖火のために採取(右)
 

・「非核平和パネル展」について
 「非核平和都市品川宣言事業」の一つとして毎年3月、戦争の悲惨さや平和の大切さを伝え続けていくことを目的にパネル展を企画し、品川区で実施している区の事業紹介や品川図書館に所蔵されている被爆当時の写真を展示しています。

 例年は「中学生広島平和使節派遣」「青少年長崎平和使節派遣」の派遣生の成果報告をパネルで紹介していますが、令和3年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で派遣が中止となったため、過去の取り組みを展示します。パネルは両会場合わせて30枚前後を予定しています。

 1945(昭和20)年8月6日に広島、同年8月9日に長崎へ原爆が投下されてから今年の夏で77年を迎えようとしています。「非核平和都市」を宣言している品川区として、当時の悲惨さを風化させることなく今を生きる多くの人に語り継ぐことが大切だと考えています。パネル展を通して今一度、戦争と平和について考えていただけるきっかけとなれば幸いです。
 

              「非核平和パネル展」過去開催時の様子

・開催概要
企画展名:「非核平和パネル展」
期間:3月11日(金)~3月28日(月)
会場:品川区役所本庁舎・第二庁舎3階連絡通路およびスクエア荏原1階通路
目的:戦争の悲惨さや平和の大切さを伝え続けていく
内容:区の事業紹介や品川図書館に所蔵されている被爆当時の写真を展示

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 品川区 >
  3. 品川区、「非核平和都市品川宣言」記念日に合わせて「非核平和パネル展」を開催