MONOKROM、副業モデルアプリ「週末モデル」事業拡大に向けて総額約8,000万円の資金調達を実施

副業モデルアプリ「週末モデル」を運営する株式会社MONOKROM(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:筒井真人 )は、この度淡輪敬三氏、河合聡一郎氏、その他個人投資家らを引受先とする総額7,860万円の第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。


1.副業モデルアプリ「週末モデル」について

「週末モデル」は、2017年12月にサービスを開始した、副業モデルアプリです。10代から50代までの幅広い年齢層のOL、栄養士、介護福祉士、主婦などあらゆる職業を持ったモデルが1,000名ほど登録しています。インターネットの発達によりWEB広告など広告の種類が増えたことで、企業からはリアルで身近なモデルを低コストで起用したいといった需要が高まり、企業登録社数は約250社になりました。企業は、サイトを通じて仕事の募集をかけたりモデルへのオファーを行うことができます。モデルは、アプリからお仕事を検索して応募をしたり、企業からのオファーを受けることができます。副業解禁や女性活躍の後押しを受け、これからの時代を自分らしく生きていこうとする女性のサポートを目指します。

2.今回の資金調達の目的について
より多くのモデルと企業のニーズに応えるべく「週末モデル」の事業拡大に邁進していきます。それに伴い、システムの強化、モデルと企業獲得に向けたプロモーション活動、モデルの育成などに積極的に取り組んでまいります。

 

■株式会社MONOKROMとは
MONOKROMは「クリエイティブの力で新しい仕組みをデザインし、垣根のない世界をつくる」をミッションとし、広告企画制作や自社サービスの開発、運営を行っています。2013年の設立以来、広告企画制作を主力事業としてきましたが、2017年12月より副業モデルアプリ「週末モデル」サービスを開始し、モデルキャステイング事業に参入したことを皮切りに、新しい生き方や働き方の提案など、会社のミッションである「垣根のない世界作り」の実現に向けてさらなる事業拡大を目指します。会社自体も、率先して副業やフレックス制度など、個人に合わせた柔軟な働き方を取り入れています。

■週末モデルとは
「平日、OL。週末、モデル。」をコンセプトに、普段の仕事と両立してモデル活動をする女性と、モデルを探している企業を結ぶモデルキャスティングアプリです。モデルは、20代~30代の女性を中心に約1,000名ほど在籍していて、未経験の方から過去にプロとして活躍していた方、SNSで多くのフォロワーを持つインスタグラマーまで様々です。登録企業はキャスティング会社や広告代理店、その他企業など約250社が登録。週末モデルポータルサイト:http://weekend-model.com/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モノクロム >
  3. MONOKROM、副業モデルアプリ「週末モデル」事業拡大に向けて総額約8,000万円の資金調達を実施