ビクトリノックスと国内最大級の青少年教育運動・ボーイスカウト日本連盟 が共同開発

ナイフを使ったチャレンジプログラム・ワークブック 『フィールドマスター』 

​ボーイスカウト日本連盟内、チャレンジプログラム「フィールドマスター」のお申込みは、2019年3月4日に開始

ビクトリノックス・ジャパンは、2018年度初夏に公益財団法人ボーイスカウト日本連盟と共同開発したチャレンジプログラム「フィールドマスター」を2019年度も継続して応援いたします。

ボーイスカウト 活動ボーイスカウト 活動

​このチャレンジプログラムは、ボーイスカウト活動の特徴のひとつであるバッジシステムに沿い展開されます。

「フィールドマスター」ワークブック「フィールドマスター」ワークブック


ナイフの正しい使い方を学ぶ〝「フィールドマスター」ワークブック〟を用いて、ケガの手当て、火起こしや野外料理などに取り組みます。ワークブック内の細目を修了することで 特別なバッジ「フィールドマスター」が授与されます。

バッジ 「フィールドマスター」バッジ 「フィールドマスター」




(写真:「フィールドマスター」の証のバッジ)

 ※「バッジシステム」とは、ボーイスカウト運動における特徴的な教育制度です。子どもたち自身が、興味がある分野や人の役に立つためのスキル、テーマにチャレンジし、その取り組みの証としてバッジを取得するもので、小学生年代(3~5年生)向けに40種類のバッジが制定されています。

 

 

ビクトリノックス・ジャパンは、ボーイスカウト日本連盟とのタイアップ活動が、安全教育の一貫と捉えるとともに、子どもたちの生きる力を育むきっかけであると信じ、この活動を継続していきます。
 
  • ボーイスカウト日本連盟内、チャレンジプログラム「フィールドマスター」のお申込み
対象 ボーイスカウトに加盟した小学生年代(3~5年生)
募集期間 2019年3月4日(月曜日)12時から 2019年3月17日(日曜日)まで  
申込方法/ワークブックの閲覧
公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟サイト内 
https://www.scout.or.jp/member/department/program_partner/field_master/

 

 

  • ― 2019年5月/6月に、ビクトリノックス直営店 原宿神宮前店と、グランフロント大阪店にて、〝「フィールドマスター」ワークブック〟を用いた 小学3年生以上が対象のワークショップを行います ―
 

直営店 原宿神宮前店直営店 原宿神宮前店

 

直営店 グランフロント大阪店直営店 グランフロント大阪店

 

詳細は後日発表いたします。
 
  • ビクトリノックス・マルチツール 『フィールドマスター』

マルチツール 「フィールドマスター」マルチツール 「フィールドマスター」

https://item.rakuten.co.jp/victorinox/14713/

チャレンジプログラム 「フィールドマスター」 は、ビクトリノックス・マルチツール
小さな道具箱「フィールドマスター」モデルが由来になっています。

このモデルを使った活動を通じて、アウトドアアクティビティはもちろん、災害時などにも役立つ技術が育まれていくことが期待できます。

  • ボーイスカウト日本連盟について
ボーイスカウトは世界170の国と地域、4,000万人が参加する世界最大級の青少年教育運動です。1907年にイギリスで誕生し、日本では、1922年(大正11年)に日本連盟が創設され、現在では、全国で10万人以上が活動し、野外活動や社会貢献活動、国際交流などを行なっています。
 
  • ビクトリノックス・ジャパン株式会社について
1884年にスイスで創業したマルチツールの製造を行なっているビクトリノックス社の日本法人です。国内には直営店が約20店舗あり、マルチツールを中心にキッチンツール、腕時計やバッグなども取り扱っています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビクトリノックス・ジャパン株式会社 >
  3. ビクトリノックスと国内最大級の青少年教育運動・ボーイスカウト日本連盟 が共同開発