ロボアドバイザーでお任せ資産運用 THEO [テオ]、フルモデルチェンジ

キーワードは「1」THEOをもっと多くのお客さまへ

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁、以下「お金のデザイン」)は、8月24日(木)にロボアドバイザー THEOを全面刷新し、新しい資産運用の仕組みを提供して参ります。
■新しいTHEOの3つの「1」

「1」万円からはじめる資産運用 : 始めやすく、続けやすい。積立機能と合わせて資産形成を徹底的・長期的にサポート。

「1」%の運用報酬 : 全部おまかせで、投資一任報酬は預かり資産の1%(税抜・年率)のみ。

「1」から見直した設計:難しい質問をなくしました。プロフィール情報を入れていただくだけで、自動的にTHEOが運用プランを作成する「THEOにおまかせ」モードを搭載。

 

■新しいTHEO、ユーザー目線で“1”から見直しました

お金のデザインのMission、「人とお金の新しい関係を創る」と定めており、また大切に思う価値の筆頭として “Users First” を掲げております。徹底的なUser First とは、お客さまのニーズを理解していくだけではなく、よりふさわしいサービス作りを行うことと考えています。

今回の新しいTHEOでは「使いやすい・わかりやすい」ということをどう実現するかを考え、THEOの設計をゼロから見直し、下記2つを新しいTHEOのコンセプトとして定めました。

   1.「はじめやすく、続けやすい仕組み」を提供する
  2.質問を無くし、定量属性に基づいてポートフォリオを作成する


1.「はじめやすく、続けやすい仕組み」
最低開始金額を1万円にしました。お金のデザインが2015年にTHEO開始前に実施した調査では、希望する投資開始金額は、5万円以下が70.3%という結果でした。
 


「はじめやすい」仕組みの一つとして、1万円から始められるようにし、またTHEO積立を併用することで長期の資産形成をサポートし、「続けやすい」仕組みを構築します。

まずは「はじめて」いただく、始めていただいてから、資産運用のことをより深く理解していただけるよう情報の定期的な提供をさせていただく。それが新しいTHEOの仕組みです。


2. 質問を無くし、定量属性に基づいてポートフォリオを作成する
THEOの特徴の一つであった“5つの質問”をなくしました。また、正確なポートフォリオ作成のために入力項目を絞り込み、基本的なプロフィールを入力いただくだけで、あとはTHEOに“すべてお任せ”いただく仕組みに変更いたしました。
お客さまの声として、5つの質問の中でも、わかりづらい・答えられないというものがあり、過去のデータからも、THEOが考える質問とお客さまの判断・行動にギャップがあることもわかってきました。正確に答えられないのであれば質問をするべきではないという考えのもと、今回の新しいTHEOでは質問項目を無くしました。

■お客さまが入力いただく情報
難しい金融用語を使わず、またわかりづらい金融ならではの質問は一切しません。また年齢に応じた平均的な数値を表示することで、より判断しやすいようにしました。現在のTHEOでお聞きしている質問と、今回の新しいTHEOからお客さまにお聞きする情報は下記の5つです。
 

新しいTHEOでは、上記の情報を入力いただくと、10年後の資産の予測を表示します。
これにより、長期の資産形成を具体的に、また直感的にお客さまが理解できるお手伝いをします。
 

 




■「THEO におまかせ」モードについて

・ お客さまが入力したプロファイルにもとづき、THEOが資産配分を算出します
・ 1年に1回、年齢や市場データに応じて資産配分を自動的に変更します
・ 運用開始後、年間2回までプロファイリングを変更することができます。ただし変更は必須ではありません。
・ 現在THEOをご利用のお客さまも「THEOにおまかせ」モードに変更が可能です。THEOへログイン後、メニューの「ポートフォリオ」から資産運用方針を確認できます。変更は、契約お申込み後にメニューの「おまかせ運用」から行えます。契約お申込みの途中では変更できません。
 

 

 




THEOについて
THEO は、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスです。年齢や金融資産額に基づき、THEO がお客さま一人ひとりに適したプランを提示。お客さま自身でカスタマイズすることも可能です。誰もが時間や手間をかけることなく、ロボアドバイザーが、世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用します。1万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチです。20代・30代を中心に、既に1万人以上の方がTHEOで資産運用を始めています。


■THEOの名前の由来について
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられました。
生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオでした。「お金」を通じて、自分らしい生き方をサ ポートしたテオ。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい。私たちも、テクノロジー を 駆 使 することで 、 すべ ての人 にとっての「テオ」になれないか。そんな想いからTHEOと名付けられました。


■株式会社お金のデザインについて
名称    株式会社お金のデザイン(MONEY DESIGN Co.,Ltd)
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
所在地   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長  中村 仁
事業内容  投資運用業および投資助言・代理業、第一種金融商品取引業
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会
URL    https://www.money-design.com/
設立年月日 2013年8月1日
資本金 / 資本準備金 349,991,362円 / 5,067,091,435円(2017年7月14日現在)


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社お金のデザイン >
  3. ロボアドバイザーでお任せ資産運用 THEO [テオ]、フルモデルチェンジ