世界最先端のAI技術をもつVicarious社に米・Fenox VCが投資

 この度、米国シリコンバレーを拠点にグローバルに投資活動を展開するFenox Venture Capital(本社:米国カリフォルニア州、共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、以下Fenox VC)は、より人間に近い人工知能の開発を手がけるVicarious社(本社:カリフォルニア州ユニオンシティ、CEO:Scott Phoenix)に投資を実施いたしました。

 Vicariousは、神経科学と認知科学の要素を組み込んだ独自の再帰的皮質ネットワーク技術を開発しており、この技術によって従来に比べ遥かに少ないデータ量で学習し、人間の脳と同じように状況を判断し素早く適応することが可能となります。共同創業者らは、コンピュータサイエンの学位や、スタンフォード大学で電子工学のPh.Dを取得しています。さらに、同社は世界経済フォーラムから“テクノロジーの先駆者”と評され、また、世界的な証券会社であるゴールドマン・サックスからも“最もイノベーティブな企業トップ5”に選出されるなど、世界的に注目されているAIのスタートアップです。


直近のラウンドでは、コースラ・ベンチャーズ(サン・マイクロシステムズ共同創業者のビノッド・コースラが設立)がリード投資家を務めており、また、他の投資家として、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック共同創業者)、ファウンダーズ・ファンド(ペイパル共同創業者のピーター・ティールが設立)、 AME Cloud Ventures(ヤフー共同創業者のジェリー・ヤングが設立)、ジェフ・ベゾス(アマゾン共同創業者)、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム創業者)、サムスンなどが名を連ねています。

今回の投資には、アイシングループ、セガサミーホールディングス株式会社、イノテック株式会社がFenox VCのファンドを通じて出資しています。Vicariousが日本企業から出資を受けるのは今回が初めてであり、Fenox VCはこの画期的なイノベーションの機会を創出することとなりました。今後もFenox VCは、日本のパートナーと協力してVicariousの日本におけるビジネス展開を支援してまいります。

Fenox VCの共同代表パートナー兼CEOのアニス・ウッザマンは次のように述べています。「我々Fenox VCは最先端技術への投資に注力しており、今回VicariousのようなトップのAI技術を日本の事業会社のパートナーにご紹介でき、大変嬉しいです。この技術がこれらのパートナーを通して上手く日本とアジアに渡って行ければと思います。また、今回の投資がこれからの日米のAI技術協力の種になれば大変嬉しいです。」

さらに、Vicariousのリード投資家であるコースラ・ベンチャーズ創業者のビノッド・コースラは、次のように述べています。「従来から、ロボットはコストのかかる精密部品と労働力でしか器用な動きができなかった状況が、Vicariousの技術によって劇的に改善されるでしょう。」

VicariousのCEOのScott Phoenixは今回の資金調達について、「Fenox VCをVicariousファミリーに迎えることを光栄に思っています。私たちの目標は、製造、農業、輸送、医療、物流などにおいて、ロボットが人々の生活のあらゆる側面をより良くするためのソフトウェアを開発することです。この目標を達成するために、グローバルパートナーのFenox VCと仕事ができることを楽しみにしています。」と述べています。

Fenox VC は、米国、ヨーロッパ、アジアなどグローバルにオフィスを構え、アーリーステージからレイターステージまで幅広く投資を手掛けており、X.ai、Affectiva、Osaro、DeepGramなどへの投資を含め、過去数年にわたりAIスタートアップに投資を実施しています。
                                              

Vicariousについて:Vicariousは脳の計算原理に基づいてロボットの知能開発を行う人工知能開発企業です。同社は、人類が直面する大きな課題を解決するのに役立つ技術開発を目指して、Dileep George博士とD. Scott Phoenixによって2010年に設立されました。ウェブサイト:http://www.vicarious.com


 Fenox Venture Capitalについて:Fenox VCは米国シリコンバレーに本社を構え、これまでに世界で140社以上のスタートアップに投資を実施しているベンチャーキャピタルです。主にIT、ヘルスIT、人工知能(AI)、IoT、ロボット、ビッグデータ、仮想現実(VR)/ 拡張現実(AR)、フィンテック、次世代ITテクノロジー分野を中心に投資実績があります。日本では、メタップス、ディー・エル・イー、エボラブルアジア、マネーフォワード、ZUU、ジーニー、テラモーターズ等への投資を行い、投資先企業の米国進出や東南アジア展開の支援等を行っています。ウェブサイト:http://www.fenoxvc.com/ja/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン >
  3. 世界最先端のAI技術をもつVicarious社に米・Fenox VCが投資