マンガ・アニメ業界カンファレンス「IMART 2021」2月26日、27日2日間にて開催!全24セッション発表、延べ70人以上が語り尽くす

マンガ・アニメの様々な分野の専門家が70人以上、最新動向をトーク/全セッションの内容と登壇者を発表/全セッションの生配信・アーカイブ配信を聞けるチケット発売

 アイマート実行委員会(共同委員長 土居伸彰、山内康裕)は、マンガ・アニメーションのボーダーレス・カンファレンス「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima 2021(IMART 2021)」を、2月26日(金)・27日(土)の2日間実施いたします。
「IMART 2021」はマンガ・アニメの最新情報を伝える業界横断型のカンファレンスイベントです。第1回は2019年11月に東アジア文化都市2019豊島(豊島区)プログラム内にて開催し好評を博しました。2回目となる今回はアイマート実行委員会の主催にて実施します。

開催にあたっては、現在の新型コロナウイルス感染症拡大への対応を考え、当初のリアルとオンラインの同時開催から無観客イベント実施による完全オンライン化に移行することを決定しております。皆様のご理解をお願いいたします。

参加者は5000円(税込)のチケットの購入で、ライブ配信とアーカイブ配信にて全セッションの視聴が可能になります。現在、「Peatix」にてチケットを発売中です。

「Peatix」チケット販売ページ https://imart2021.peatix.com/

またメディアの当日のイベント取材も受け付けております。当日は会場での取材、オンラインでの取材の両方が可能です。(会場取材は密を避けるために人数を絞らせていただく場合があります。)

取材申し込みページ https://forms.gle/GTDCun9GAqs1W4sq9


●全24セッション、【特別講演】漫画家・赤松健氏ら新たな登壇陣決定
イベント開催にあたり、このほど2日間全24セッションの内容と登壇者が決まり、発表いたします。

ポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役社長 塩田周三氏、メディアドゥ 取締役 CBDO/株式会社MyAnimeList CEO溝口敦氏による2つの基調講演に加え、漫画家・日本漫画家協会理事の赤松健氏と福井健策氏(弁護士 骨董通り法律事務所 for the Arts 代表パートナー)による「【特別講演】解説「侵害コンテンツのダウンロード違法化」&「リーチサイト規制」」が決定しました。

また新たにコミティア実行委員会代表・中村公彦氏、サンライズ 執行役員第一事業部ゼネラルマネージャー・小形尚弘氏、アニメ脚本/演出家・芦名みのる氏、ファンワークス代表取締役・高山晃氏、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン日本担当ディレクター・大前広樹氏、ほか多数の登壇者が追加決定しました。

セッションでは「LOTTE ガーナチョコレート「Gift」に見る、アニメーションMVの表現と可能性」、「コロナ禍におけるアニメ・マンガイベントの運営」、「新世代マンガエージェントの現在と展望」、「ジャンプが作った最強の漫画学校第1期報告」、「アニメ業界 女性の働き方」、「ゲームエンジンが映像制作にもたらすもの+α」といった数々の旬なテーマが設けられています。

(詳しくは別紙「「IMART 2021」セッション一覧」を参照ください。)

●公式サイトオープン

また開催に先立ちまして、「IMART 2021」公式サイトをオープンいたしました。( https://imart.tokyo/2021/ ) セッション内容や登壇者、スケジュールを確認することが出来ます。すでにある公式Twitter、公式Facebookと合わせて最新情報を発信していきます。

【イベントの概要】
イベント名:第2回 国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima(IMART 2021)
開催日時:2021年2月26日(金)・27日(土)
参加方法:オンライン動画プラットフォームにて視聴

 *全セッションをライブ配信(一部事前収録)にて視聴できるほか、終了後一定期間アーカイブ配信でも視聴出来ます。

主催:アイマート実行委員会 共催:豊島区

また、今回の開催にあたり、以下の会社さまにご協賛・ご協力いただいております。(敬称略)


【協賛】ワコム、LINEマンガ、小学館、講談社、セルシス、スマートニュース、and factory、BOOK☆WALKER、秋田書店、booklive、コアミックス、KADOKAWA、コミックスマート、 メディアドゥ、ebookjapan、コミチ、ファンワークス

【メディアスポンサー】イード、ANIC

【特別協力】日本漫画家協会


【イベントの内容】

2021年2月26日、27日の2日間、東京豊島区ハレザ池袋 豊島区民センターにて無観客にて複数のセッションを開催、オンラインにて配信。

セッションは下記3つを予定しています。
・基調講演・特別講演:全体を見渡せるような講演
・セッション:2名~4名程度のゲストとMCによるディスカッション
・ショートピッチ:発表プレゼンテーション          合計24本を予定

【IMART 2021セッション一覧】

 

 

 


公式サイト:https://imart.tokyo/2021/
公式Twitter:@ImartFes
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/INTERNATIONALMANGAANIMATION


【「IMART」とは?】
「国際マンガ・アニメ祭Rwiwa Toshima (IMART)」は“マンガ・アニメーションの未来を作る”をテーマにした日本初のボーダーレス・カンファレンスです。2019年11月15日から17日に第1回を開催しました。マンガ・アニメーション業界のイノベーターや実務家による基調講演・セッション・交流会を行い、国内外からの80名の登壇者による計24セッションを実施し、3日間で約2000名が参加する大盛況となりました。

主催のアイマート実行委員会は、第1回でディレクターを務めた土居伸彰(株式会社ニューディア― / 新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)と山内康裕(一般社団法人マンガナイト/レインボーバード合同会社)、スペシャル・アドバイザーを務めた菊池健(合同会社マスケット)、数土直志(ジャーナリスト)の実行委員を中心に新たな組織として発足しました。IMARTの理念と活動を継続すべくマンガ・アニメーション業界の知見を共有する場づくりと発信、業界発展への貢献を目指しています。

 

【イベント運営会社情報】
商号:株式会社ワクワーク
代表者:代表取締役社長 中山英樹
所在地:東京都品川区西五反田7丁目22番17号TOCビル8階
ホームページ:http://wakuwork.net/
Twitter:https://twitter.com/Wakuwork2017
Facebook:https://www.facebook.com/wakuwork2017
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワクワーク >
  3. マンガ・アニメ業界カンファレンス「IMART 2021」2月26日、27日2日間にて開催!全24セッション発表、延べ70人以上が語り尽くす